イベントスクエア
期間限定ショップ
その他

RUNE+

2023年11月29日(水) - 2024年1月23日(火)
|
入場無料
※12月14日(木)、12月30日(土)-2024年1月2日(火)は閉場。
※最終日は午後5時閉場。
※12月3日(日)・10日(日)・17日(日)、1月8日(祝・月)・14日(日)・21日(日)は午後7時30分、12月22日(金)・23日(土)は午後8時30まで。
※入場は閉場の30分前まで。
※営業日・営業時間が変更となる場合がございます。
※混雑の際は、お待ちいただく場合や整理券を配布する場合があります。
※状況により、イベント(催事)の中止や、一部内容が変更となる場合がございます。
ルネタス
RUNE+
内藤ルネ + 祖父江慎
松屋銀座に期間限定でオープン

Roots of Kawaiiと称されるアーティスト内藤ルネ(1932-2007年)さん。戦後から1960年代に描いたおしゃれな女の子たちは、当時の少女たちに希望や夢を与えてくれました。「ルネタス」では内藤ルネさんのイラストを再構築して、今を戦う少女にエールを送るお守りのようなグッズを展開します。
Design Shin Sobue + Tomoka Ono(cozfish)
協力
協力
株式会社キャストネット
詳細&最新情報

詳細&最新情報は公式Instagramをご確認ください。 RUNE+ 公式Instagram | @rune_tasu →

プロフィール

内藤ルネ(1932-2007)
1932年、愛知県岡崎市出身。“Kawaii文化の生みの親”と称されるマルチクリエーター。1951年、中原淳一が主宰するひまわり社に入社。1953年にイラストレーターとしてデビュー後、1959年に『ジュニアそれいゆ』の表紙を担当し、大ブレイク。多くの雑誌でイラストレーターとして活躍し、以降は雑誌のふろく、キャラクターをデザインしたファンシーグッズ、手芸やインテリアの提案など、自由な発想で活動の幅を広げた。2002年に弥生美術館(東京)で初の回顧展を開催し、再び脚光を浴びる。 2007年、惜しまれつつ永眠。享年74歳。近年も国内外を問わず多くのファンを持つ。 2023年-2024年にかけてデビュー70周年を迎えた。
内藤ルネ オフィシャルサイト | https://www.naitou-rune.jp/ →

©R.S.H/RUNE
協力:株式会社キャストネット

※画像はイメージです。

シェアする
TOPへ戻る ポイントWEBサービス
ログイン