デザインギャラリー1953
期間限定ショップ
リビング・ホビー

クリエイティブセレクト2023

2023年6月14日(水) - 7月17日(月)
|
※各会期最終日は午後5時閉場
松屋銀座がおすすめする、手仕事とデザインに囲まれる特別な5週間。気遣いが溢れ、作り手の想いがこもった品々は、私たちの暮らしに寄り添い、心を豊かにしてくれます。温もりある5週間の中で、作家やクリエイターとの出会いを通じ、私だけの一品を見つけてみてください。
【第1週】6月14日(水)ー20日(火)「Pfütze jewelry exhibition」

Pfütze (ジュエリー)
Pfütze(プフッツェ)はドイツ語で水たまりという意味。 北康孝、賀来綾子の2人でデザインから製作までを一貫して行い、身近にある自然物・現象から発想を得てモチーフとしている。 日常の中に潜む不思議なこと、美しいものをジュエリーとして形にしたいと考え、製作を続けています。 スペシャルインタビュー 「Pfütze jewelry exhibition」 いつもの装いに “自然の美しさ” を宿したジュエリーを

記事はこちら
【第2週】6月21日(水)ー27日(火)「YUI MATSUDA × Ryui」
YUI MATSUDA (ファッション)

引き染めやろうけつ染め、シルクスクリーンプリント などの古典的な技法で制作するテキスタイルブランドです。 舞台衣装を演者へ提供するのと同じように、日常に着用するも のとしてまちの洋服店で購入できる衣装や美術を作っていま す。 感覚的なこと、言葉にならないものを色や形に、手に触れられ るものへ表現します。

Ryui (ジュエリー)

デザイナーの日向龍と平結の夫婦で手がけるジュエリーブランド。気持ちが溢れ出しそうになるような、心を強く惹きつける日常に潜んだ“美しいもの”から着想を得て、ひと匙の個性が光るファッションジュエリーからブライダルリングまで、細部までこだわりを込めたデザインと厳選した良質な素材を用いて1点1点丁寧に制作しています。

【第3週】6月28日(水)ー7月4日(火)「biga × YURTAO」
biga (アフリカ手工芸)

ブルキナファソと愛知県に拠点を置き、西アフリカから届く手しごとの品々を紹介するプロジェクト、biga。アフリカの大地に暮らす職人と共に、草木染め、手織り、彫金の技法を織り交ぜて、長く暮らしに寄り添う良質な手編みかごをお届けします。

YURTAO (婦人服)

鎌倉を拠点に、日本の産地でオリジナルの生地を作り、天然素材をベースにした衣服を作っています。環境負荷の少ない自然由来の染色技法を取り入れたり、金工作家と一緒に作ったオリジナルの釦などこだわりの詰まった特別な1着をお届けします。

【第4週】7月5日(水)ー11日(火)「Summer Vacation」
JUCO. (靴・革小物)

"自由がはじまる靴”をコンセプトに、浅草の職人技で、デザイン性と履きやすさを両立したオリジナルシューズを製作。今イベントでは、春夏らしいカラフルなサンダルを中心に、JUCO.オリジナルのウエストバックや麦わら帽子など、多数ご紹介いたします。

ホーケン化粧品 (スキンケア化粧品)

蜜蜂からのおくりもの。 ビタミンやミネラルを豊富に含む国産ハチミツとローヤルゼリーを配合したスキンケア化粧品。 1927年創業者自ら養蜂を行いつつ、蜂と蜂を取り巻く環境を研究する中でホーケンは誕生しました。

マーベラス (バッグ)

薄くて軽くて丈夫な〈マーベラス〉のバッグ。カジュアルにもフォーマルにも合うデザイン性、Lサイズは耐荷重4キロという機能性、両方を兼ね備えています。夏の新色は「ミント」と「ダスティピンク」の2色。ポップなカラーを取り揃えております。

【第5週】7月12日(水)ー17日(月)「アキノヨーコ × いとうりえこ」
アキノヨーコ (ガラス食器)

吹きガラスの技法で器を制作することを中心に活動しています。

ヴェネチアングラスの技法を使った「白レースシリーズ」や、アルミニウム箔をガラス表面に焼き付けた「ALMシリーズ」など。
毎日の食卓や住空間をちょっと贅沢に、心地よく彩る器を作りたいと思いながら制作しています。

いとうりえこ (テキスタイルアート)

テキスタイルアーティストのいとうりえこが絵筆で丁寧に描き染め上げる一枚一枚の布。夏に心地よい、原風景に触れるような美しさに光や風を感じます。一点ものの布はタペストリーやスカーフ、日傘となり日常を彩ります。

本展では今年出版の書籍と収録作品にフォーカスをあてた空間をメインに、インテリアファブリックのオーダー会もございます。

※表示価格はすべて税込です。

シェアする
TOPへ戻る ポイントWEBサービス
ログイン