その他
その他

ファッションライターLulu.の「美しいは嬉しい」vol.3

ファッションって知的好奇心を満たし喜びをもたらしてくれるんです。内面のいちばん外側がファッション。 (本記事でご紹介する私物のアイテムは、松屋でお取り扱いのないものもあります。)
プロフィール
Lulu.
2010年~2021まで11年間、VOGUE JAPAN でブログを執筆。馬と博物学的世界、ムー的世界を愛し、不思議を視たい!と旅に出て、「好き」と「感動」を掻き集める。高校時代に障害飛越にのめり込み、今はたまーに外乗を楽しむ50代。現在はnoteで発信。

初夏の香り① / 「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」松屋銀座店

こんにちは。 今回から2回に渡って「初夏の香り」を綴ります。まずは、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」松屋銀座店。 松屋銀座1階の奥にあるビュリー。際立ったムードを湛えた空間に惹きつけられた方も多いと思います。


パリの総合美容専門店、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」が日本に上陸したのは2017年4月。

1803年、調香師ジャン・ヴァンサン・ビュリーがパリで創業した香水ブランド「ビュリー」。時代の情勢により休止していたビュリーを現代に蘇らせたのが、ビューティ誌『CORPUS』の発行人ヴィクトワール・ドゥ・タイヤックとアーティスティックディレクターのラムダン・トゥアミ。

ヴィクトワール・ドゥ・タイヤックとラムダン・トゥアミ。2017年の代官山店オープン、プレス内覧会にて。


パラベンやフェノキシエタノール、シリコンを含まない伝統的製法を再現しつつ、現代の画期的な製造技術も導入したプロダクトを展開するビュリー。


代表的なプロダクトである水性香水〈オー・トリプル〉は、アルコールやエタノールを一切使用していません。
自然本来の香りを閉じ込め、肌を汚さない、乾燥させない、水分とオイル分のバランスを損なわせない、という独自の水溶液を配合することで香りを深く豊かに表現しています。


私が初夏の香りとして選んだのが〈オー・トリプル〉コンコンブル・ダンド・エ・マント・ドゥ・シリィ。きゅうり、ミントの香りです。

朝の爽やかな菜園、きゅうりをパキンと割った時のようなみずみずしい香り。仄かなムスクが柔らかく緑を包み込み、野生的で優しい。


そして、〈アラバストル〉パテル・マテオス。
熱も蒸気も使わずに香りを蒸発させる〈アラバストル〉は、香りのエッセンスを堆積岩に数滴落として使用するルームフレグランス。

パテル・マテオスは、ほとばしる岩に吹きつける海風や山の頂で過ごす涼やかな夏の午後をイメージした香り。
ローズウッドとムスク、明るいシトラスに力強い生命力を感じます。私にとってこの香りは、ゴツゴツとした岩肌を愛でながら歩く初夏のトレイルのイメージ。


〈アラバストル〉の陶器は19世紀の銅版画からインスパイアされたマドモワゼルから選べます。


1940〜50年代のグリーンハウス(温室)をイメージしてつくられた松屋銀座店。店内を照らすのは、できるだけ自然光に近い色にこだわった電球。


ビュリーは各店舗それぞれ内装が違います。その土地その場所から得たインスピレーションが店内を貫きます。

松屋銀座の8階には「MGテラス」という空と芝生に出会える空間があり、ラムダンは都会の中にあるこの小さなテラスを気に入って1階の店舗でも「光を感じられるようにしたい」とデザインしたそうです。

イスも用意されているので、私も窓のないビル内で疲れたら空を見にいく場所なんです。


「スミ・ヒノキの香りが好きなのよね。」という会話からスタッフの方が私に薦めて下さったのが〈オー・トリプル〉フォレ・ドゥ・コミ。森と苔の香り。セージにバジル、カルダモンにラベンダーとスミレがほんのりと隠れています。
ウラル山脈の果てに位置する極北のコミの森!ロシアの大地に惹かれる私にとってブワッと世界が広がる香り。


ブランド独自の世界観の中でゆったりと商品を選ぶ。そして商品知識豊かなスタッフとの会話によって新しい世界が広がっていく。このふたつは私が大切にしている「買い物のしかた」。


対応してくださった方の言葉が印象的でした。
「その方にあうプロダクトを一緒に探していきたいんです。」
来店された方はスタッフと色々と話をしていくうちに、お目当てだったものと違うものを選んで帰られることが多いのだそう。自分の新たな面を引き出してもらう感じね。

今私が楽しみにしているのが全10話からなる「ビューティシークレットの遺産」。
それぞれの物語の主人公が迎える人生の重大な局面において、入浴やスキンケア、ヘアケア、あるいは香りが重要なファクターとなる10の歴史物語。
ああ、そうやって人は輝いていくのね。

初夏の香りを探しにぜひ。


OFFICINE UNIVERSELLE BULY 松屋銀座店
松屋銀座 1階
03(6263)2566

シェアする

展覧会やギャラリーの情報はこちらをチェック。松屋銀座の多彩な“観る”体験をお届けします。

TOPへ戻る ポイントWEBサービス
ログイン