ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

芳村和彦 油彩画展

7階 遊びのギャラリー
2019年6月19日(水)-6月25日(火)<最終日17:00閉場>

奈良県在住の画家、芳村和彦。その描くテーマは、ずばり『空』。季節や時刻によって刻一刻と表情を変える雲や空、その総てをペインティングナイフのみで描きあげます。この独自のテクニックでこそ、移りゆく空の一瞬を捉え、切り取り、想いを込めて描く事が出来るとの信念が描く、季節、天候、時刻によって千変万化する情景は、まるで人の心の写し鏡。空を眺め、心はいつか見た空へと飛翔し、まだ見ぬ未知の土地へと旅をします。今回も『空・雲シリーズ』の新作に加え、新境地の『火祭りシリーズ』の新作も登場いたします。どのような作品に出会えるか、どうぞご期待ください。

【芳村和彦 プロフィール】

  • 1967年 奈良県に生まれる
  • 1991年 京都にて初個展
  • 1997年 大分・湯布院 空想の森美術館にて個展、神戸阪急にて個展
  • 1999年 スペイン(マドリッド)にて個展
  • 2000年 阪急梅田本店にて個展(-’02’04’06’08’10’13)
  • 2002年 松屋銀座にて個展(-’12’14’15’16’17’18)
  • 2010年 福岡三越にて個展(’12)
  • その他、グループ展・二人展等 多数

山口堅造 鍛金作品展

7階 遊びのギャラリー
2019年6月26日(水)-7月2日(火)<最終日17:00閉場>

茨城県笠間にて工房を構え制作を続ける金工作家 山口堅造。銅をベースに金属の展延性を利用して、金鎚や木鎚、鏨を使って打ち曲げたり、絞ったり、打ち出したりしながら、一打一打真正面から素材に取り組み、豊かな暖かみのある作品作りに挑戦した作品約50点を展観いたします。金属が本来隠し持つ温かみとやわらかさを先人の技術を学びながら新たに再現することにチャレンジした、独創性に富んだ新作群にどうぞご期待ください。

【山口堅造 プロフィール】

  • 1953年 東京生まれ
  • 1980年 多摩美術大学デザイン科立体デザイン専攻(インテリアデザイン)卒業
  • 1982年 多摩美術大学大学院デザイン修了
  • 1998年 光風会展 奨励賞
  • 2004年 茨城県芸術祭展 特賞
  • 2005年 日本煎茶工芸展 文部科学大臣奨励賞
  • 茨城工芸会会員

~京都・二ノ瀬/陶都窯~ 吉田一也・京の福猫 展

7階 遊びのギャラリー
2019年7月3日(水)-7月9日(火)<最終日17:00閉場>

京都 洛北、鞍馬は二ノ瀬に窯を持ち、制作にあたる陶芸家、吉田一也。京都市立芸大にて日本画を学んでいた異色のキャリアを持っています。猫をモチーフに、その愛らしさ、片やふてぶてしさに魅力を感じ、陶による猫の制作を始め、以来各地で発表を続けています。松屋での個展も今回で16回目。さて、今回はどのような表情を見せてくれる猫が登場する事でしょう。ご期待ください。

【吉田一也 プロフィール】

  • 1970年 京都生まれ
  • 1994年 京都市立芸術大学日本画科卒業
  • 1999年 京都・鞍馬に窯を持つ
  • 2000年 アメリカ・ボストン美術館ミュージアムショップにて陶器作品を販売
  • 2002年 全国デパートを中心に個展での発表を始める
  • 2004年 松屋銀座にて個展(以後 毎年)
  • 2008年 瀬戸「平成の招き猫100人展」大賞受賞
  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る