イベントスクエア
展覧会

ディズニー キャッツ&ドッグス展

2021年12月1日(水) - 12月25日(土)
|
※最終日は午後5時閉場。入場は閉場の30分前まで。
※混雑時は、お待ちいただく場合や整理券を配布する場合があります。
※状況により、イベント(催事)の中止や、一部内容が変更となる場合がございます。
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、営業日・営業時間が変更となる場合がございます。
ディズニー作品の永遠のテーマのひとつ“動物”の中でも、人間に一番近い家族のような存在である“犬と猫”をテーマに、ディズニーの動物作品の魅力に迫る本格的な展覧会、「ディズニー キャッツ&ドッグス展」を開催いたします。
入場料
一般 高校生 小中学生 未就学児
通常 1,100円 900円 500円 無料
前売り券 900円 700円 400円 無料
通常
一般 1,100円
高校生 900円
小中学生 500円
未就学児 無料
前売り券
一般 900円
高校生 700円
小中学生 400円
未就学児 無料

※前売券はローソンチケット(Lコード:31122)にて11月30日(火)まで販売予定。 ※全日午後4時まで日時指定制 ※最終日は午後5時閉場。入場は閉場の30分前までとなります。 ※営業日・開場時間は変更になる場合がございます。 ※混雑時は、お待ちいただく場合や整理券を配布する場合があります。 ※展示内容は変更する場合がございます。 ※表示価格はすべて税込です。

主催・協力
主催
ディズニー キャッツ&ドッグス展実行委員会
特別協力
ウォルト・ディズニー・ジャパン
協賛
ディズニー★JCBカード

ディズニーは映画『バンビ』を機に、“動物をリアルに描きながら感情豊かに表現する”という難題に挑みました。スタジオで動物を飼い、骨格や筋肉の動きを研究し、リアリティを徹底的に追及しました。ストーリーを通じて観客が感情移入する表情豊かなキャラクターを描き出すことに成功し、生涯数多くの動物作品をプロデュースしました。会場ではディズニーによる動物アニメーションの進化と革新や、動物を感情豊かに表現するための試行錯誤の歴史も紹介します。ミッキーの相棒「プルート」や『101匹わんちゃん』、『わんわん物語』、『おしゃれキャット』などの代表的な作品から、ディズニー作品の中でも印象深い犬猫キャラクターを紹介する展示まで、まるでディズニー作品の中にいるような、わくわくする展示内容となっています。 本展覧会は、ディズニー全てのアニメーション作品に関連する、あらゆる資料を所蔵、デジタル化し、アーカイブしているアニメーション・リサーチ・ライブラリーの全面協力を得て、デジタル化された貴重なアート作品を300点以上展示します。パステルや水彩などの原画は、傷みやすく外に出すことを控えていますが、デジタルであるため通常ではなかなか観ることができない作品が、数多く出品されます。また、小さく繊細な作品をデジタルによって原画より大きく出力再現することで、作品の細部までご覧いただけるなど、デジタル化されたアート作品ならではの魅力も本展覧会の見どころのひとつです。 作品で描かれたキャラクターのしぐさや表情に親しみを感じながら、お散歩気分で「ディズニー キャッツ&ドッグス展」をお楽しみください。

©︎Disney
詳細&最新情報

詳細&最新情報は展覧会公式サイトをご確認ください。
展覧会公式サイト→ Disney Cats&Dogs展公式Twitter→

松屋カード・松屋ゴールドカード・松屋友の会カード・株主お買物優待カード・障がい者手帳をお持ちのお客様のご入場について

◆松屋カード(ポイントカードは除く)・松屋ゴールドカード・松屋友の会カードのご優待(ご本人様1名に限り入場無料)および株主お買物優待カード・障がい者手帳(ご本人様1名+ご同伴1名様に限り入場無料)をお持ちのお客様は入場無料となります。

◆日時指定等の制限は無く、ご入場いただけます。

◆当日は係員の誘導に従って整列いただき、ご入場いただきます。何卒ご了承ください。




※ご来場いただく当日は、上記優待カード・手帳をお持ちのうえご来場ください。ご入場の際に確認をさせていただきます。

「プルート」 ミッキーの相棒プルート プルートはミッキーの仲間たちの中では、唯一言葉を話さないキャラクターです。だからこそ表情の豊かさと体全体を使った大きなアクションで、いつも私たちを楽しませてくれます。とても無邪気で人懐っこい性格のプルートは、ウォルトが幼少期から一緒に過ごした犬たちへの愛情が込められているキャラクターといえるでしょう。

『わんわん物語』 アニメ史に輝く名場面の制作秘話 レディとトランプが恋に落ちる重要なシーンですが、当初上手くいくかどうか誰も自信を持てませんでした。トニーの店の裏口で2匹の犬がスパゲティをフォークも使わず直接頬張るシーンが果たしてロマンティックになるのか?2匹にとって大切な夜であり、決して茶番劇やギャグになってはいけない。ディズニーのアニメーターはその難題に挑みます。みなさんご存じの通り、誠実で繊細な描写によって名曲『ベラノッテ』とともにアニメーションの歴史に残る名シーンとして観客の心に響いたのです。

『101匹わんちゃん』 101匹がスクリーンいっぱいに駆け回る ロンドンを舞台にテレビやクルマが登場する現代劇に加え、なんと101匹のダルメシアンがスクリーンを走り回るディズニーの意欲作です。101匹の白と黒の斑があるダルメシアンをアニメーションさせるために採用したのが、ゼロックス・プロセスでした。アニメーターの手描きの原画を手作業で手間をかけてトレースすることなく直接セルに転写することで、生き生きとした原画をそのままに、セルを量産化することに成功したのです。

『おしゃれキャット』 3匹の子ネコ 長男のトゥールーズは画家志望、名前は画家トゥールーズ・ロートレックから、次男のベルリオーズは音楽家志望、名前は作曲家ルイ・エクトル・ベルリオーズから、そして末の妹のマリーは歌手志望、あのマリー・アントワネットに由来しています。

「チェシャ猫」 (ふしぎの国のアリス Alice in Wonderland 1951年) いたずら好きの一風変わった不思議なネコ。原作者のルイス・キャロルが創り出した、ちゃめっ気のあるキャラクターです。チェシャ猫の体はピンクとすみれ色のしま模様で、いつもニヤニヤ笑いを浮かべています。この猫は顔の部分を分解させたり、しま模様を動かしたりできます。ふいに現れたり、ニヤニヤ笑いだけを残して消えたりを繰り返し、なぞなぞでアリスの頭を混乱させます。

「ナナ」(ピーターパン Peter Pan 1953年) ダーリング家の飼い犬ながらウェンディ、ジョン、マイケルの乳母のようなお世話係です。頭巾を被ってベットメイクや子供部屋の片づけをします。またダーリング氏に叱られて外へ出される時も、自分の犬小屋の横につないでおくロープを自分で見つけてしまう賢くて従順なセントバーナードです。ネバーランドに行けずロンドンに残されてしまうナナの登場シーンは映画の冒頭と最後だけであまり多くはありませんが、子どもたちを優しく見守る愛らしい魅力的なキャラクターです。

「モチ」(ベイマックス Baymax 2014年) 作品の舞台は、サンフランシスコと東京をかけ合わせた「サンフランソウキョウ」という町で、町並みなどに日本の要素が多く盛り込まれています。登場人物もハマダ姓で兄弟の名前もヒロとタダシです。そしてハマダ家の飼っている三毛猫の名前もモチ。丸まるとモチっとした姿で、ベイマックスからも「毛深い赤ちゃん」と呼ばれています。映画公開後もベイマックス&モチという短編シリーズが始まり、癒されるエピソードが満載です。

注意事項

※グッズコーナーのみのご入場はできません。

※マスクを着用していないお客様の入店をお断りする場合がございます。

※店内出入口にてサーモグラフィ等による検温を行います。体温が37.5℃以上の方や体調がすぐれない方の入店をお断りする場合がございます。

※入場時の手指の消毒や、こまめな手洗いにご協力をお願いいたします。

※感染防止のため、壁や展示ケースに触れないようお願いいたします。

※店内および作品鑑賞の際は、他のお客様と距離を空けていただきますようお願いいたします。

※展覧会会場内、グッズコーナーでの会話は可能な限りお控えいただきますようお願いいたします。


感染拡大防止に向けた取り組みについて⇒

※画像はイメージです。

シェアする