イベントスクエア
展覧会
リビング・ホビー/美術

絵本のひきだし 林明子原画展

2018年7月19日(木) - 7月29日
|
最終日17:00閉場。入場は閉場の30分前まで
※7月22日(日)は10:00-19:30/7月27日(金)は10:00-20:30
絵本作家・林明子さんが1976年にはじめて手がけた物語絵本『はじめてのおつかい』が誕生して40年が経ちました。この作品をきっかけに、林さんは『こんとあき』『おつきさまこんばんは』『はじめてのキャンプ』『はっぱのおうち』など数々の作品を生み出してきました。子どもたちが見せるわずかな心の揺らぎや、葉っぱ一枚一枚のみずみずしさまでやさしく繊細に描き出した作品は、世代を超えて多くの人に愛されています。 本展では、林さんの代表作『はじめてのおつかい』『こんとあき』から最新作『ひよこさん』までの絵本原画に加え、構想段階で描かれた貴重なラフスケッチや、角野栄子さん作『魔女の宅急便』に添えた挿絵など約200点を展観します。 「絵本のひきだし」をそっと開けて、林さんが作品に込めてきた思いや色あせることのない絵本の魅力をどうぞお楽しみください。 『はじめてのおつかい』筒井頼子 作、林明子 絵 1976年 福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵
あさえとちいさいいもうと(1979年) 筒井頼子 作/林明子 絵/福音館書店刊
おふろだいすき(1982年) 松岡享子 作/林明子 絵/福音館書店刊
はじめてのおつかい(1976年) 筒井頼子 作/林明子 絵/福音館書店刊
魔女の宅急便(1985年) 角野栄子 作/林明子 絵/福音館書店刊
こんとあき(1989年) 林明子 作・絵/福音館書店刊
ひよこさん(2013年) 征矢清 作/林明子 絵/福音館書店刊
まほうのえのぐ(1993年) 林明子 作・絵/福音館書店刊 ※原画所蔵/『魔女の宅急便』:個人蔵、その他のすべての原画:宮城県美術館蔵
入場料
一般 高校生 中学生 小学生
通常 1,000円 700円 500円 300円
前売り券 700円 500円 400円 300円
通常
一般 1,000円
高校生 700円
中学生 500円
小学生 300円
前売り券
一般 700円
高校生 500円
中学生 400円
小学生 300円

ヤフーパスマーケット、ローソンチケット:Lコード33429、セブンイレブンにて7月18日(水)まで販売。

協賛・企画協力
主催
朝日新聞社
協力
福音館書店
出品協力
宮城県美術館
オリジナルグッズ

※表示価格はすべて税込です。

はじめてのミルクラスク
750円

「こん」ぬいぐるみ
(左)M 10,584円:限定100個 (右)SS 3,240円:限定360個
※その他、Lサイズ、Sサイズも販売いたします。
A4クリアファイル(こんとあき)
400円

シェアする