イベントスクエア
展覧会
リビング・ホビー

バルテュス夫人、スイス グラン・シャレで活きる日々 ド・ローラ・節子の暮らし展

2015年9月25日(金) - 10月5日(月)
|
最終日は17:00閉場・入場は閉場の30分前まで
20世紀最後の巨匠と称えられた画家、故バルテュスの夫人、節子・クロソフスカ・ド・ローラさん。節子さんは画家、随筆家、作陶家として活躍する一方、バルテュス財団の名誉会長やユネスコ平和芸術家などの社会活動に積極的に取り組んでいます。 40年以上にわたるヨーロッパでの生活の中で、節子さんは祖母から受け継いだ着物を身につけるなど、日本人の和の心を大切にしてきました。現在は、バルテュスとともに過ごしたスイス最大級の木造建築、260年の歴史を持つ「グラン・シャレ」で家族とともに暮らしています。丹精をこめて庭の花を育て、四季折々に趣向をこらして部屋をしつらえ、食器や料理にこだわって友人や来客に手作りのおもてなしをするなど、美意識と愛情に溢れた暮らしぶりに国内外より多くの共感と憧れを集めています。 本展では、絵画作品をはじめ、愛用の着物や手作りの品、テーブルコーディネートや手芸の部屋の再現など約180件を展観し、節子さんの美しく豊かな暮らしを紹介します。
猫コレクション オルゴール
「グラン・シャレのお茶会」
手芸の部屋
短冊柄小紋

写真 Ikuo Yamashita
お茶会のテーブルセッティング
グラン・シャレの庭
プロフィール
節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人La Comtesse Setsuko Klossowska de Rola
東京生まれ。 1962年上智大学フランス語科在学中に、画家であり当時ローマのアカデミー・ド・フランス(メディチ館)の館長であったバルテュスと出会う。 1967年結婚。 メディチ館で公私にわたりバルテュスを支える。 1970年代自らも画家として活動をはじめる。 1977年バルテュスと伴にスイス・ロシニエールに移住。 2001年バルテュス死去。 2002年バルテュス財団発足。名誉会長に就任。 2005年ユネスコ平和芸術家。 パリ、東京ほかで個展開催。

入場料
一般 高大生 中学生 小学生
通常 1,000円 700円 500円 300円
前売り券 700円 500円 400円 300円
通常
一般 1,000円
高大生 700円
中学生 500円
小学生 300円
前売り券
一般 700円
高大生 500円
中学生 400円
小学生 300円

チケットぴあ、ローソンチケット、セブンイレブン、ヤフーパスマーケットにて9月24日まで販売。Pコード766-972/Lコード36053/セブンコード040-088

主催・協力
主催
NHKプロモーション、朝日新聞社
協力
スイス政府観光局、スイス インターナショナル エアラインズ
イベントインフォメーション
「ド・ローラ・節子の暮らし展」開催記念 クロソフスカ・ド・ローラ・節子さん講演会 ド・ローラ・節子さんの、スイス グラン・シャレでの日々、そして生き方について、お話いただきます。ご参加の皆様からのご質問にお答えいただくお時間も設ける予定です。 ・日時 9月25日(金)14:00~16:00<受付開始13:30> ・場所 リュド・ヴィンテージ目白 4階シルヴァン(東京都豊島区目白2-39-1 TRAD MEJIRO 4F) ・参加費 5,000円 講演会の参加券+展覧会の鑑賞券付(講演会はお茶とケーキ付) ・定員 80名様 お申し込み方法など詳しくはこちらをご覧ください。
グラン・シャレ

バルテュスの終の棲家であり、節子夫人が今も暮らしているロシニエールの「グラン・シャレ」は1754年に建設されたスイスで最大級の木造建築で、「大きな山の家」を意味しています。

同時開催
「北欧雑貨フェア」 9月17日(木)-10月5日(月) ■8階イベントスクエア<最終日17:00閉場> スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの北欧4か国の今を感じさせる生活雑貨を、インテリアからファッション、食品まで幅広く集めました。 ※表示価格はすべて税込です。
シェアする