展覧会
リビング・ホビー

ガーデニング・絵本・ドールハウス 愛する暮らし 生誕100年 ターシャ・テューダー展

2015年3月18日(水) - 4月6日(月)
|
最終日は17:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで
アメリカ・バーモント州の山奥で、ガーデニングを楽しみ、92歳で亡くなるまで創作活動を続けた絵本作家ターシャ・テューダー(1915年-2008年)。子育てを終えたターシャは、大好きだったコーギ犬やペットのチャボと共に、鶏や山羊を飼い、毎日の生活のほとんどを手作りするライフスタイルを続けました。その合間に絵を描き続け、70年間に発表した絵本は約100点にのぼります。こうした暮らしがNHKの番組や書籍などで紹介されると、大きな反響を呼び、彼女は今なお多くの女性の憧れの存在です。本展では、生誕100年を記念して、愛用していた食器や家具、ガーデニンググッズ、ドレスや絵本の原画、日本初公開となるドールハウスと人形を含む約200点を展観いたします。また、ガーデンデザイナー杉井明美さんによる「ターシャの庭」を特別展示いたします。「思うとおりに歩めばいいのよ」と語り、夢を追いかけ、心豊かに生きたターシャ。シンプルで優雅、そして喜びに満ちた独自の世界をお楽しみください。
『まぶしい庭へ』原画
(上)人形 サディアス・クレイン大尉 (中)人形 エマ (下)ふくろうのぬいぐるみ
プロフィール
ターシャ・テューダー
アメリカで愛されている絵本作家の一人。 19世紀風のシンプルライフ、美しい庭づくり、前向きな生き方で多くの人の共感と憧れを呼んでいる。 1915年、ボストンに生まれる 1938年、初めての絵本「パンプキン・ムーンシャイン」を出版。 「ターシャ・テューダーのマザーグース」('44)、「ターシャのかずのほん」('56)がコルデコット賞オナーブックに選ばれるなど、受賞多数。 その他、「コーギビルの村まつり」など「コーギビル」シリーズをはじめ、創作絵本、さし絵本など、70年のキャリア中に発表した作品は100点近く。何百種類というクリスマスカードやアドベントカレンダーも制作。その作品群はアメリカ本国のみならず、世界中で愛されている。 子育てを終えた50代半ばより、長年の夢を叶え、アメリカ、バーモント州の山中に1740年代風の家「コーギコテージ」を長男セスに建ててもらい、そこで自給自足、手作りの暮らしを続けた。美しい広大な庭をひとりで作り、動物に囲まれながら創作活動を継続。 2008年、惜しまれながら92歳で逝去。

入場料
一般 高大生 中学生
通常 1,000円 700円 500円
前売り券 700円 500円 400円
通常
一般 1,000円
高大生 700円
中学生 500円
前売り券
一般 700円
高大生 500円
中学生 400円

ローソンチケット:Lコード37050、チケットぴあ:Pコード766‐599、セブン-イレブンにて3月17日まで販売

主催・後援
主催
NHK サービスセンター
後援
NHK
特別協力
ターシャ・テューダー ファミリー
協力
ターシャ・テューダー ミニミュージアム/テレコムスタッフ/日本航空/神戸女子短期大学/フラワーオークション ジャパン
企画制作
東映
インターネットショッピング
展覧会関連グッズをインターネットショッピングでお求めいただけます。 2015年4月6日(月)12:00まで

※表示価格はすべて税込です。 ©Tasha Tudor and Family, Inc. 2015 Photographs by Richard W. Brown

シェアする