イベントスクエア
展覧会
カルチャー

誕生50周年記念 ぐりとぐら展

2014年2月27日(木) - 3月10日(月)
|
最終日は17:00閉場・入場は閉場の30分前まで
「ぐりとぐら」が誕生して50年
1963年に生まれたふたごの野ねずみ「ぐり」と「ぐら」。 中川李枝子さんと山脇(大村)百合子さんの姉妹によるこの作品が50周年を迎えました。シリーズ累計は2400万部にものぼる「ぐりとぐら」。その愛らしい絵とストーリーは、読み継がれる絵本の中の絵本として子供たちを魅了し続けてきました。 本展では「ぐりとぐら」のお話全7作品の貴重な原画をはじめ、姉妹のデビュー作である童話「いやいやえん」の挿絵原画まで、50年の軌跡を170点以上の原画で展観。さらに映画監督・宮崎駿さんと中川さんの貴重な対談映像、世界11の国と地域に広がる海外版の展示や読書コーナーなど「ぐりとぐら」の全てを紹介します。大人から子供まで世代を超えて愛され続けてきたぬくもりあふれる世界をどうぞお楽しみください。
©Rieko Nakagawa ©Yuriko Yamawaki
プロフィール
中川李枝子 なかがわりえこ
1935年、札幌生まれ。保育園に勤務しながら、児童文学グループ「いたどり」で創作を始める。代表作に童話「いやいやえん」「ぐりとぐら」シリーズなど。 2013年、妹の山脇百合子とともに菊池寛賞を受賞。子どもたちの豊かな想像力と感性を育んできた功績が認められた。

山脇百合子 やまわきゆりこ
1941年、東京生まれ。上智大学卒業。姉・中川李枝子とのコンビで、「ぐりとぐら」シリーズの挿絵を手がける。文・絵とも自作の「ゆうこのキャベツぼうし」など作品多数。明るく楽しい絵は日本の子どもたちだけでなく、海外でも高く評価されている。

入場料
一般 高大生 中学生
通常 1,000円 700円 500円
前売券 700円 500円 300円
通常
一般 1,000円
高大生 700円
中学生 500円
前売券
一般 700円
高大生 500円
中学生 300円

(チケットぴあ、ローソンチケット、セブンイレブンにて2月26日まで販売。Pコード766-013/Lコード39536/セブンコード027-508)

協賛・企画協力
主催
朝日新聞社
協力
福音館書店
出品協力
宮城県美術館
「ぐりとぐら」の原点

中川・山脇姉妹のデビュー作である童話「いやいやえん」や「そらいろのたね」「たからさがし」といった初期の絵本作品を原画で紹介。姉妹の創作原点に迫ります。

1.「いやいやえん」(1962年)原画(表紙・背・裏表紙)

 2.「そらいろのたね」(1964年「こどものとも」)原画(22-23頁)

*原画はすべて宮城県美術館所蔵 *作品はいずれも中川李枝子・作 山脇(大村)百合子・絵 福音館書店刊
「ぐりとぐら」の世界

「ぐりとぐら」のお話全7作品から、選りすぐりのシーン原画約70点が集まります。ふわふわのカステラは、原画ではどんな色でしょう?

3.「ぐりとぐら」(1963年「こどものとも」)原画(22-23頁)

4.「ぐりとぐらのえんそく」(1979年「こどものとも」表紙原画

5.「ぐりとぐらとくるりくら」(1987年「こどものとも」)

6.「ぐりとぐらのおきゃくさま」(1966年「こどものとも」)原画(24-25頁)

7.「ぐりとぐらとすみれちゃん」(2000年「こどものとも」)原画(28-29頁)

誕生50周年記念 ぐりとぐら展 インターネット販売
図録、ポストカード、ハンカチ、トートバッグなどのグッズをインターネットでお買い求めいただけます。 インターネットショッピング承り期間:2014年2月27日(木)10:00-3月10日(月)12:00 ※場内の混雑の場合はお待ちいただく場合もございます。 ※場内での写真撮影はかたくお断りいたします。 ※展示品にはお手を触れぬようお願いいたします。 ※場内でのご飲食、ならびに携帯電話のご使用はご遠慮ください。 ※再入場はできません。 ※介助犬以外のペットを連れてのご入場はお断りいたします。 ※招待券にて駐車場の優待サービスは受けられません。 ※表示価格はすべて税込です。
広がる「ぐりとぐら」

小型絵本、かるた、海外版や点字の絵本など、広がる「ぐりとぐら」の世界を紹介します。

8.「ぐりとぐらの1ねんかん」(1997年)原画(8頁)

9.「ぐりとぐら かるた」(1984年)原画(あ)

10.「ぐりとぐらのあいうえお」(2002年)原画(21頁)

シェアする