イベントスクエア
展覧会
リビング・ホビー

草乃しずかの世界展 一針に祈りをこめて40年

2013年12月30日(月) - 2014年1月20日(月)
|
開場時間 10:00-20:00 ※入場は閉場の30分前まで。
12月31日(火)は18:00、1月2日(木)は19:30、最終日は17:00閉場/1月2日(木)は9:30開場/1月1日(祝・水)は休業。
一針に祈りをこめて40年
日本刺繍を始めてから40年になります。 振り返ってみますと、家族と共に生きながら私自身を見つめるための刺繍でもありました。 「夢刺繍展」「文学浪漫刺繍展」「桜浪漫展」「源氏物語展」「雪月花展」と展覧会をして参りましたが、私にとっては人生を見つめるために必要な創作活動だったのです。 私もあの東日本大震災に、今までの価値観や人生観が変わるような激しいショックを受けました。 今までに経験したことのない深い悲しみと不安の中で、どうしたら良いのかと悩み続ける日々。 けれど、ずっと続けてきた刺繍によって私は救われたのです。 悲しみや喜びの思いを込めてきた一針一針の刺繍が、いつしか祈りの行為ともなっていたのです。 創作してきた40年は、今日この時のためにあったのでは、と気付いたのです。 “一針に祈りをこめて40年”として開催する本展では、これまでの代表作、 祈りをテーマとした新作、草乃しずかの着物がたり~おしゃれな12ヶ月のコーディネート~まで、 約175点を一堂に展覧致します。刺繍を通して様々な思いを皆様と共有できますことを願っております。 心よりご来場をお待ちしております。 草乃しずか
未来への飛翔―桜伝説―(部分) 撮影/中村淳
花歌留多 ~和歌とともに~
祝い尽くし
(左)皇女和宮に (右)天璋院篤姫に
源氏物語より 五十四帖「夢浮橋」
祈りより  「天女の調べ」と「蓮と鳥」
十二ヶ月の着物がたりより 六月「結婚式」娘の振袖
プロフィール
草乃しずか
石川県生まれ。 結婚後、フランス刺繍を学び、1972年より日本刺繍作家の丹羽正明氏に師事。 「アトリエ草乃しずか」を創設、作家活動を始める。 1979年に初個展。 「桜浪漫」「源氏物語」など、日本の美を追求した個展をたびたび開催している。

入場料
一般 高大生 中学生
通常 1,000円 700円 500円
前売り券 700円 400円 -
通常
一般 1,000円
高大生 700円
中学生 500円
前売り券
一般 700円
高大生 400円
中学生 -

(ローソンチケット:Lコード36583/セブンチケット:セブンコード026‐307/チケットぴあ:Pコード765‐917にて12月29日(日)まで販売)

主催・企画協力・協力
主催
NHKサービスセンター
企画協力
アトリエ草乃しずか
協力
大和書房
シェアする