イベントスクエア
展覧会
リビング・ホビー

生誕110周年記念 ウォルト・ディズニー展

2012年4月18日(水) - 5月7日(月)
|
最終日17:00閉場・入場は閉場の30分前まで
ウォルト・ディズニー(1901~1966)はミッキーマウスの生みの親であり、「白雪姫」や「ピノキオ」「シンデレラ」など数多くの長編アニメを世に送り出してきました。そして彼の壮大なロマンはやがてディズニーランドという夢と魔法の国を誕生させます。しかし、ウォルトの挑戦は常に順調であったわけではありません。若き日には映画配給会社にキャラクターの権利を奪われたり、徹底したこだわりからアニメーション制作費が膨れ上がり経営は厳しく、大切なスタッフを引き抜かれるという困難にも遭遇します。「夢を持つことが全ての始まり」―この想いは幾度の失敗にも逃げずに、自分の信じる世界を創り上げたウォルトの信条であり、今もなお私たちに勇気を与えてくれます。
シャーロット・クラーク製作のミッキー人形とポーズをとるウォルト(1930年) ©Disney
Collector's Item 左から:ミッキーマウスの腕時計(1933年)アメリカ、ミッキーマウスのラジオ(1933年)アメリカ、ドナルドダック ブリキトイ(1950年代)日本、ぬいぐるみ(1930年代)イギリス
Collector's Item 左から:白雪姫と七人のこびと(1937年)セル画、ファンタジア(1940年)セル画、ダンボ(1941年)セル画
プロフィール
ウォルト・ディズニーWalt Disney
1901年イリノイ州シカゴに生まれる。1920年に最初のオリジナルアニメーションを創作。その後、世界初のトーキーアニメーション映画『蒸気船ウィリー』を上映、世界中で愛されるキャラクター「ミッキーマウス」を生み出した。1937年には、最初の長編カラーアニメーション映画『白雪姫』を公開し、オスカー賞を受賞。生涯を通じて81本もの長編映画を世に送り出した。ウォルトの精神は作品とキャラクターを通して受け継がれ、喜びと幸せを伝え続けている。

入場料
一般 高大生 中学生以下
通常 1,000円 700円 無料
通常
一般 1,000円
高大生 700円
中学生以下 無料

主催
主催
ウォルト・ディズニー展実行委員会 (NHKプロモーション、ウォルト・ディズニー・ジャパン)

本展では、生誕110年を記念してアメリカ・ディズニー本社の全アーカイブより貴重な資料、サンフランシスコにある「ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム」より本邦初公開となる本人の愛用品やコレクションの紹介。さらにセル画や関連グッズなど約500点を一堂に展観し、ウォルトの挑戦と刺激に満ちた生涯に迫ります。 ©Disney

<お詫びと訂正>
2012年4月4日(水)-4月18日(水)の期間掲載しておりました、一部の商品価格に誤りがございました。 訂正させていただくとともに、お詫び申し上げます。
ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム

2009年10月、サンフランシスコのゴールデンゲート・ブリッジを見渡す国立公園内にオープン。ウォルトの長女・ダイアンさんの協力により集められた、ウォルトの写真、直筆のイラスト、作品、肉声のインタビューテープなど膨大な資料を観覧でき、ウォルトの生き生きとした生涯に触れることができる。

シェアする