イベントスクエア
展覧会
美術

没後50年・日本民藝館開館75周年 -暮らしへの眼差し- 柳 宗悦展

2011年9月15日(木) - 9月26日(月)
|
10:00-20:00
入場は閉場の30分前まで、最終日17:00閉場
「素朴な器にこそ驚くべき美が宿る」と語った柳宗悦(1889-1961)は、無名の職人による誠実な手仕事を「民藝」と名づけ、沖縄から北海道まで全国各地を巡り、陶磁器・染織・金工・紙などさまざまな分野の中から、魅力的な品々を蒐集しました。 宗悦の"美"を追い求める情熱は、様々な人々を巻き込みながら大きなうねりとなり、1936年には東京・駒場に念願の日本民藝館を開館。そして、手仕事の復権を目指す民藝運動や数多くの著書を通じて、豊かな日本文化を残すために尽力しました。 宗悦の没後50年に当たる本年、宗悦が直観により見出した美しい器物、朝鮮時代の工芸、琉球や台湾の衣装や装身具など約250点を一堂に展観し、美の本質を求め続けた柳宗悦の生涯をたどります。 また、宗悦の長男であり、日本民藝館館長もつとめたプロダクトデザイナー・柳宗理(1915-)のデザイン作品や、雑誌『民藝』の表紙デザインも紹介し、父・宗悦、息子・宗理―2人の間に受け継がれたものに迫ります。 宗悦氏ポートレート 撮影:今井康道
左から:染付草花文壺(朝鮮半島 18世紀)、木喰仏 地蔵菩薩像(江戸時代 1801年)、上:螺鈿菓子箱(京都 18世紀)、 下:真鍮亀型水滴(朝鮮半島 19世紀)、染付辰砂魚型水滴(朝鮮半島 19世紀)
左から:バタフライスツール、白磁湯呑・土瓶(ともに柳工業デザイン研究会所蔵)
プロフィール
柳 宗悦やなぎ むねよし/通称 そうえつ(1889-1961)
1910年学習院高等学科卒業の頃に文芸雑誌『白樺』の創刊に参加。1913年に東京帝国大学哲学科を卒業後、朝鮮陶磁器の美しさに魅了され、朝鮮の人々に敬愛の心を寄せる一方、無名の職人が作る民衆の日常品に美に眼を開かれた。1925年に民衆的工芸品の美を称揚するために「民藝」の新語を作り、1936年、日本民藝館が開設されると初代館長に就任。以後ここを拠点に、数々の展覧会や各地への工芸調査や蒐集の旅、旺盛な執筆活動などを展開していった。1957年には文化功労者に選ばれた。

柳 宗理やなぎ むねみち/通称 そうり(1915-)
1915年、柳宗悦の長男として生まれる。東京美術学校(現東京芸大)洋画科卒業。53年(財)柳工業デザイン研究会を設立、以後多岐にわたり活躍。 デザイン教育・内外のデザイン会議にも多く携わる。東京オリンピック聖火コンテナ、札幌オリンピック聖火台、関越自動車道トンネル抗口、さらに食器・カトラリー・家具等広範囲なデザイン活動を続けている。2002年には文化功労者に選ばれた。

入場料
一般 高大生 中学生以下
通常 1,000円 700円 無料
通常
一般 1,000円
高大生 700円
中学生以下 無料

主催・協力
主催
NHK、NHKプロモーション、日本民藝館
協力
日本民藝協会
シェアする