ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

社員紹介

次世代の“名物バイヤー”よ、でてこい 銀座店 紳士MD課バイヤー(紳士スーツ担当) 宮崎俊一

私の仕事 『「銀座の男」市』の企画・買い付けから職人探しまで

松屋銀座では年に2回、都内最大級の紳士服催事「『銀座の男』市」を開催しています。この催事に向けて、世界中から本当に価値のある良質な生地を仕入れるのが私の仕事の一つです。
現在では年に4回、イギリス・イタリア・フランスを中心に生地の買い付けに行っています。長年継続しているこの出張の中で、海外生地問屋との強固なネットワークを築き、独自の仕入ルートも開拓しました。

これにより、希少価値の高いインポート生地を低コストで仕入れることができるのです。
独自に仕入れた生地は、国内や海外の工場を使い松屋のオリジナルブランドの商品として縫製します。もちろん、優れた技術を持つ仕立て職人さんや縫製工場を探すのも私の仕事。
生地の仕入から縫製まで、一貫してバイヤーが携わることで、トレンド最先端の高品質な商品を適正な価格で販売することができているのです。

やりがい 本当に好きなことへの思いを形にし、伝える喜び

全国各地からお客さまがわざわざおいでになり、「宮崎からスーツを買いたい」と言ってくださいます。
そういう今があるのも、本当にいいスーツとは何かと考えたとき、スーツの構造から理解しなければと思い、一から勉強を始めたことがきっかけでした。まず、イタリアのテーラーを回って自分の服を作ったり、独学でイタリア語を覚え、現地の職人さんとのやり取りを全て手帳にメモしたりしました。

しかし、憧れのイタリアのスーツにも、いいところはもちろん、ダメなところもあったのです。自分の知識や経験が深まっていくなかで、実は日本の職人さんの技術が世界トップレベルのものであることに気がつきました。
これを転機に現在では、その職人さんが縫製したスーツが、「ATELIER MADE」という松屋オリジナルブランドとして店頭に並ぶようになりました。
オリジナル商品に対する自分の思い、そして50年間スーツの仕立て一筋でやってきた職人さんの思いがお客さまに伝わったとき、最大のやりがいを感じます。

銀座クオリティ 銀座で売るからには“ホンモノ”を知らなければ

紳士服というのは、2年後、3年後に本当の価値がわかるもの。袖を通すたびに「松屋でこのスーツを買ってよかった」と満足していただくためには、売る側が “ホンモノ”を知っている必要があります。私はいつも若い社員に「銀座で紳士服を売るからにはホンモノを身につけろ。体で覚えろ」と言っています。“ホンモノ”を知った若い世代から、次の新しい何かが生まれてくることを期待しているからです。そして、“ホンモノ”をお客さまに正確に伝えること、それがバイヤーの仕事であり、銀座クオリティでもあると考えています。

入社当時のエピソード 初の配属は食品売場だった


ロンドン「フォーティナム&メイソン」の
ショーウィンドウ

入社後の2年間は食品売場に配属。死ぬほど好きな紳士服と一生関われないかもしれないと悩みました。それでも、やるからにはホンモノを知らねば!と思い、当時自分が担当し、話題だったパリのフォションとエディアールの本店を見るために休みを取って自費でヨーロッパへ行きました。すると、ロンドンの「フォーティナム&メイソン」という高級食品店が、高級食材と同じ店舗で高級紳士服を提案しているのを目の当たりにして…。これを見たときには「食品もファッションなんだ!よし、食品でがんばろう」と、悩みは払拭されました。

そして、日本に帰って数ヶ月。前向きに仕事に取組んではいましたが、それでもあるとき、どうしても紳士服をやりたいと思い、紳士服売場への異動希望を出しました。諦めかけていましたが、その希望が叶い、ついに念願の紳士服売場へ異動が決まりました。それから20年経った現在でも、紳士服に携われているという幸せを、今は存分に味わっています。
熱い思いがあれば、そして準備を怠らなければ必ずチャンスをくれる。それが松屋という会社です。

1year Schedule 年間のスケジュール

1月~2月
海外出張
イタリア・イギリス・フランスを回り、メンズファッションの展示会・生地メーカー・生地問屋での生地買い付け、ファッション情報のリサーチをおこなう
3月~4月
国内出張
国内の生地メーカー、縫製工場を回り、『銀座の男』市に向けた商品チェック
媒体掲載用の写真撮影
5月
「銀座の男」市
店頭での接客販売
6月
海外出張
イタリア・イギリス・フランスを回り、メンズファッションの展示会・生地メーカー・生地問屋での生地買い付け、ファッション情報のリサーチをおこなう
7月
国内出張
店頭での接客販売
8月
国内出張
国内の生地メーカー、縫製工場を回り、『銀座の男』市に向けた商品チェック
媒体掲載用の写真撮影
9月
海外出張
イタリア・イギリス・フランスを回り、生地展・生地メーカー・生地問屋での買い付け、ファッション情報のリサーチをおこなう
10月
「銀座の男」市
店頭での接客販売
11月~12月
国内出張
店頭での接客販売

バイヤー宮崎が創った“ホンモノ”をご紹介

チノパンの概念を変える「ドレス・チノトラウザーズ」
チノパンの概念を変える「ドレス・チノトラウザーズ」
シャツ素材のジャケット「ジャッツ」
シャツ素材のジャケット「ジャッツ」
  • 銀座店 インターナショナルブティックマネージャー 谷本はるか
  • 仕事を知る トップ

2018年度 新卒採用エントリーは終了しました

マイページはこちらから

My Page Login


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る