ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

手仕事からうまれるHONMONO ホンモノ

9月26日(水)-10月2日(火)各階(30日(日)は19:30まで)

想いをこめて、手間暇かけて、一つ一つ丁寧な手仕事が生み出す「ホンモノ」。店内では作り手たちと触れ合いながら、モノ作りの魅力を深く広くお楽しみいただけます。

帽子 32,400円 ◇1階エッセンスプラス パリで特別に注文した木型を使い、1点ずつハンドメイドで制作しています。また、フランスのアンティークボタンを使用するなど、生地や素材にこだわっています。
SEPT BLEUS セットブルー

nanae matsunobu

デザイナー
松信七重氏

9月30日(日)13:00-17:00 デザイナー来店

“ひとつひとつ手でつくりあげる、魅力”

1点1点ハンドメイドで制作している、<SEPT BLEUS>の帽子。「同じ帽子でもそれぞれ微妙に違うものが出来上がる面白さがあり、ブレードの縫い合わせ1つにしても変化があります。そこに魅力を感じるので、ハンドメイドで制作しています」という。
デザイナー松信七重さんにとって最も大事なキーワードは、素材。かぶり心地の良さ、フォルムの美しさ、形とのバランスまでを考えた素材選びは、譲れないこだわりである。
子どもの頃からファッションに興味があり、帽子をコーディネートするのが好きだったという松信さん。洋服を作る学校で学びながら、自然と興味が帽子に向かい、頭の上という小さな世界に宿る限りない可能性に魅力を感じ、帽子づくりに没頭していく。インスピレーションの元は、生活の中の小さな発見や喜び。読書や展覧会、映画、散歩など、基本は日々の生活を毎日楽しく過ごすこと。ハンドメイドという小さな規模で制作している為、出来ることは限られる。でもその中で出来ること、その中でしか出来ないことを大事にしながら精一杯続けていきたいという。

▲左は丁寧にピンを打ちながら1点ずつ手作業をすすめているところ、右は糸をひとつずつ選ぶことからはじまるブレード織。良質な素材や生地を使い、自由にかぶれる帽子を提案する。

手仕事からうまれるHONMONO ホンモノ お買い上げ抽選会

9月26日(水)-10月2日(火)
8階イベントスクエア特設スペース(30日(日)は19:30まで)

下記対象売場にて税込10,000円以上(合算不可)お買い上げのお客様に、抽選会参加チケット1枚をお渡しします。松屋商品券など素敵な賞品をご用意。

対象売場
1階スペース・オブ・ギンザ 「ジャパンクリエーションミュージアム」(10月1日(月)まで開催)4階中央特設スペース/5階中央特設スペース/7階デザインコレクション、テーブルジョイ、和の座ステージ/8階イベントスクエア 「銀座・手仕事直売所」

orit. オリット
矢裂尚敬+中川享大

デザイナー
矢裂尚敬氏
工場長
中川享大氏

ストール(モデル着用) 13,824円 ◇1階エッセンスプラス

何千本もある糸を職人が1本1本織機に通しゆっくり織り上げるため、とても柔らかく驚くほど優しい風合いに仕上がっています。
※モデル着用の服は<ククリ>オールインワン 31,104円(10月1日(月)まで「ジャパンクリエーションミュージアム」 1階スペース・オブ・ギンザで販売)

9月28日(金)-10月2日(火)各日13:00-17:00 デザイナー来店

“デザイナーと職人が高めあう、染めと織り”

<orit.>は、明治初年に創業した播州織物工場である阿江ハンカチーフ株式会社が6年前に始めた自社ブランド。工場と会社が隣り合わせにあることで、デザイナーである矢裂さんと職人さんたちは蜜にコミュニケーションがとれるそう。「デザインを提案して作っていただくというより、職人さんの技術を見たり、聞いたりすることで、そこからデザインのアイデアが湧いてきます」と矢裂さんは言う。歴史ある織物工場であるからこそ、深みある技術をもった職人さんが多く、彼らにとって当たり前のことでも見る方にとっては驚くような手仕事がたくさんある。ちょっとした雑談がデザインのヒントになることも。
そして、古くからの織機で作ることにより、スピードは遅いけれど、糸が持っている本来のふくらみが表現しやすくなっている。柔らかく空気を含みながら織り上げている。
これからも、歴史と伝統ある手仕事である「先染め」を伝えていき、少しずつ広めていきたいということが本来の使命であり、それの結果としてブランドも大きくなったら嬉しいとのこと。「先染め」の美しさ、柔らかさを体感して欲しい。

▲200年以上の伝統がある播州織の特長「先染め糸」の配置からこだわる。さらにジャカード織機、ドビー織機、シャトル織機を使い分け、表現したい布、模様に織り上げる。

布工房Den×Nutel デン×ヌテール
北山茂樹×nutel

布工房Den
職人
北山茂樹氏
Nutel
ソーイングアーティスト
渡邊笑理氏

リネンワンピース 75,600円/ミシン刺繍 オーダー 5,400円から(写真の刺繍は10,800円) ◇7階和の座ステージ

セミオーダースタイルで服を仕立てる父と、その服にオーダーでミシン刺繍をいれる娘。父と娘の手仕事によるユニークでおしゃれなコラボレーション。
※商品によってお渡しまで時間を頂戴いたします。

9月26日(水)-10月9日(火) 「それぞれの T・E・I・B・A・N 滋賀・三重」(最終日19:00閉場)
服のセミオーダー承りおよびミシンドローイングをパフォーマンス。
9月26日(水)-30日(日)、10月3日(水)-9日(火) 北山茂樹氏来店
9月26日(水)、29日(土)、30日(日)、10月6日(土)-9日(火) 渡邊笑理氏来店

“親子だからこそひろがる、モノづくりの世界”

1973年に縫製工場を起業した北山茂樹さんと、刺繍を生業とする<Nutel>の笑理さんは親子。2人のコラボレーションが始まったのは3年前。親子だからこそ遠慮なく意見をぶつけ合い、感覚や専門が違う2人だからこそ新しいアイデアを出し合える。
<布工房Den>は、縫製工場として起業したが、中国工場の進出により、縫製の原点である仕立て屋になろうと決意。量産ではなく、お客様のオーダーに本物の技術や素材で応えていくことを大事にしてきた。北山さんは「人とのご縁で生かされてきた。物を売るという感覚ではなく、お客様と関わりながら人対人の繋がりを大事にしていきたい」と言う。
また、<Nutel>の笑理さんが刺繍を始めたキッカケには、生まれた時から側にミシンがあり、お父さんが真摯にモノづくりしている姿を側でずっと見てきたというルーツが関係しているそう。そういった自分のルーツを大事にしたいという想いから、屋号をつける時に「縫うてる」という地元の方言を語源に。表現の無限さを感じ、世界はどんどん広がっていっている。
それぞれが人生の歩みの中で大切に育ててきたことが重なり合い、ルーツを柱としながら、新しいことを生みだしている。

▲父の北山茂樹氏がセミオーダーで作る服に、娘の渡邊笑理氏がミシンドローイングをほどこす。服のほか、アクセサリーやバッグの作品もある。

Cloche クロチェ
(左から時計回りに) モルガナイトリング 108,000円
ダイヤモンドリング 129,600円/ベリルリング 75,600円 ◇1階アクセサリー

デザイナー自身が天然石を選び、職人がその石にあわせて金の線で形どり。ダイヤモンドのリングは腕に手彫りを施す1点ものとなります。

9月26日(水) 14:00-16:00 デザイナー来店


デザイナー
寺崎恵氏

depoliva デポリーバ
ボディバッグ 40,824円/リュック 45,360円
◇5階中央特設スペース

日本の伝統的な刺子を高級レザーと組みあわせることで「今」のテイストに。刺子の風合いと丈夫な機能性が存分に活かされています。

9月26日(水)-28日(金)、10月2日(火) デザイナー来店


デザイナー
杉本哲氏

米澤ほうき工房
「松本箒」(左から) 手箒3つ玉 11,232円/小箒 5,616円
手箒4つ玉 13,338円/荒神箒 6,318円 ◇7階テーブルジョイ

長野県松本市で江戸時代後期から続く伝統工芸品。原料の「ホウキモロコシ」を自家栽培し、手作業で編んで作ります。丈夫で長持ち、洗練されたデザインで人気です。

9月26日(水)-10月2日(火) 職人来店による実演販売


米澤ほうき工房
3代目
米澤資修氏

小林大伸堂
印鑑(左から) メノウ 27,000円/ローズクォーツ+ダイヤモンドポイント 74,520円
タイガーアイ 81,000円(すべて15mm) ◇7階ダイニングプロモーション

ストーンは15種類以上をご用意。画数や運気を考慮しながらオーダーメイドでお作りします。
※9月26日(水)-10月2日(火) 「ニューフクイ」で販売(最終日19:00閉場)

9月29日(土)-10月2日(火) 職人来店による伝統印材の彫刻実演
9月27日(木)、28日(金) 7階特別室「特別受注会」開催(各日4名様限り)
※特別受注会は事前予約制/お問い合わせ先:7階テーブルジョイ


四代目彫刻士
小林照明氏

BREAD STORY ブレッドストーリー
「ベーカー 角田氏・シェフ 三浦氏によるワークショップ
~国産小麦のリュスティック~」開催 ◇地下1階ブレッドストーリー
9月26日(水)13:00-16:00 予約制 定員:5名様/受講料:5,400円
お申し込み・お問い合わせ先:電話03(6867)1177<直通>

シンプルで素朴な味わいともっちりとした食感が魅力の「リュスティック」。焼き皮はパリッ、中はもっちりと仕上げるコツを、ベーカー・角田氏の作り方をご覧になりながら生地にも触れ、一緒に体験できます。また、ご家庭でもできるリュスティックの美味しい食べ方をシェフ・三浦氏がご提案します。月一回、職人によるワークショップを開催中。詳しくは松屋ウェブサイトで。


ベーカー
角田俊之氏


シェフ
三浦良子氏

銀座十石

山吉國澤百馬商店
鹿児島県産本枯節 3,024円(220-259g)
◇地下2階ザ・グロッサリー

水揚げされた鰹の状態から一本一本を選別し、さばくところから完成まで手作業で仕上げました。

9月29日(土)、30日(日) 生産メーカー来店による本枯節削り実演・販売会


鰹節職人
國澤孝彦氏

連載 HONMONO ホンモノ

松屋ウェブサイト内「HONMONO-ホンモノ-」
過去から未来へ。松屋がおすすめする品々をご紹介。

第10回 銀座・手仕事直売所 9月26日(水)-10月2日(火)<30日(日)は19:30閉場、最終日17:00閉場>8階イベントスクエア
ジャパンクリエーションミュージアム 9月26日(水)-10月1日(月)<30日(日)は19:30閉場>1階スペース・オブ・ギンザ
ニューフクイ 9月19日(水)-10月2日(火)<24日(振・月)、30日(日)は19:30閉場>7階ダイニングプロモーション
松屋ポイントカード オンライン入会・ご登録で、もれなく50ポイントプレゼント 松屋ポイントカードは、入会金・年会費無料。すぐにご利用いただけます!※ご入会は16歳以上のお客様が対象となります。
松屋銀座×JENELYNO 暮らしを彩るワークショップ 9月26日(水)-28日(金)8階バンケットルーム・地下2階ライブキッチン

※表示価格はすべて税込です。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る