ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.52 アトリエメイド(パターンオーダーシャツ)

2015年9月16日更新

着こなしの要は、土台を作るシャツ

実はスーツを美しく着こなすために、シャツは重要な役割を果たす。正しいスーツ、ジャケットを手に入れようと思ったら、土台を作る正しいシャツがなくてはならないのだ。
まずスーツ姿を後ろから見ると、両袖、襟にシャツがのぞく。真っ白なシャツは清潔感を醸し出すポイントだが、そのボリュームは多すぎても少なすぎても、バランスが悪い。だから、シャツのサイズが決まらなくては、ジャケットのサイズが決まらないということなのだ。
もちろん、ジャケットをすっきりと着こなすためには、シャツが脇の下にぴったりと収まっていること、タックインしても、ジャケットの中でシャツが泳がないというのも基本中の基本と言える。

そしてこのシャツを着こなすために欠かせないのが、カフリンクスとカラークリップという小物だ。
ダブルカフスのシャツであれば、当然カフリンクスが必要だが、アトリエメイドで提案しているシックでエレガントなスタイルにふさわしいカフリンクスは、簡単には見つからない。そこで、宮崎が海外を巡って用意したのがイギリスで見つけたヴィンテージのカフリンクスだ。
「シルバーに、厚めの9金の板を貼ったもので、大きさも、輝き方も、いかにもという感じではなく、風合いが良く、さりげなく、そして確実に着こなしのレベルをアップさせてくれます」。形も大きさもちょうど、足袋の小鉤(こはぜ)に似た印象だ。

同じように、襟にこだわったドレスシャツを提案するなら、カラークリップを使って抜かりなくシャツを着こなしたい。そこでこちらも、古いもので1920年代からというヴィンテージのカラークリップを用意した。クリップがなくとも充分に個性を演出できるシャツが揃っているが、それでもクリップをつけるだけで、想像以上にシャツの表情、タイの表情、さらには顔映りも大きく変わる。
これらのアイテムは、どちらもあえてゴールドを選んでいる。「ゴールドというと、派手になりすぎる、と敬遠するお客さまがいらっしゃいますが、ヴィンテージの柔らかな光ならむしろ品良く、重厚感を演出できると思います。」
ここに、男性の着こなしに対する、宮崎の考えが具現化されている。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る