ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.50 アトリエメイド(パターンオーダースーツ)

2015年9月8日更新

着こなしを決定づけるボタンへのこだわり

次に、サイズ選びだ。胸囲をベースにしてサンプルに袖を通しながら採寸し、細部を調整する。サンプルがあることで、サイズだけでなく選んだ生地を使った出来上がりの状態もイメージしやすい。
これで生地と大体のシルエットが決まった。しかし、松屋のパターンオーダーはこれだけでは終わらない。パンツは、細くスタイリッシュにするか、それとも動きやすさを優先するのか、それによってパターンが異なるし、ジャケットはシングルかダブルか、着丈はどのくらいが好みか、裏地はどれにするか、ボタンの数はいくつにするか、どんなボタンにするか、ズボンの尻ポケットは両方につけるか、等々…。実に30箇所以上のオプションがある。パターンオーダーにもかかわらず、イージーオーダーなみの自由度があるのだ。

そして先に、生地の品揃えについて触れたが、スーツにおける重要なパーツとして、ボタンを忘れてはならない。ボタンは「紳士服の場合、全体の印象を決める重要な要素」なだけに、ホーン(角)、ナット(ヤシの実)、シェル(貝)など高級ボタンをそろえる。加えて海外で買い付けたヴィンテージのボタンも隠れた逸品だ。
「例えばフランス軍の制服に使われる金ボタンを見つけました。これは、アパレルメーカーが作る服の材料ではなく、軍の支給品としての扱いですから、成り立ちが違い、メッキも厚く本当にぜいたくに作られていますね。」アトリエメイドには、そうした、国内外のネットワークを駆使して調達した掘り出し物が並んでいる。

「『スーツのボタン選びなんて、これまでの人生で考えたことがなかった』というお客様がほとんどです。『服を作るのって楽しいんだね』と言っていただいた時は、嬉しかったですね。」
では、丸縫い既製服と、パターンオーダーとを提供しているアトリエメイドでは、どちらのスーツを買うべきだろう?
「よくそういう質問をいただくのですが、まずはどんなシーンで着たいのかを検討いただくといいと思います。」丸縫いは何と言っても手縫い部分が多いので、仕立てが良く着心地も素晴らしい。だが既製服なので、生地やボタン、裏地などは選ぶことができない。とにかく最上級の品質で快適なスーツが欲しいという時に適している。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る