ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.43 ショコラティエ パレ ド オール

2014年12月3日更新

“Bean to Bar”生まれのショコラで年の瀬に極上のひとときを

こうして誕生した“Bean to Bar”生まれのショコラは、清里の「アルチザン パレ ド オール」と東西の「ショコラティエ パレ ド オール」、そして今年4月のリニューアルに合わせて新規開店した松屋銀座で購入することができる。同店は唯一の百貨店内店舗。バイヤーがその味に惚れ込み、5年ほど前からバレンタインの催事などに参加してもらっていたが、今回ついに正式な出店という形になった。
「複数の百貨店から出店のお話をいただいていましたが、松屋銀座はバイヤーも売場の担当者も商品を正しく理解していただいています。作り手のこだわりをお客様に伝えてもらえるのが嬉しいですね」

松屋銀座に並ぶのは、三枝シェフが作り上げたショコラの代表作。定番の「キャレ ショコラ」や「ボンボン ショコラ」で魅惑的な味の世界に触れたら、次はその感動を友人に伝えてみてはいかがだろう。「2014 松屋のお歳暮」として販売されるのは、その名も「アルチザン パレ ド オール」。ガトーショコラ、生チョコ、キャレ ショコラ、ボンボン ショコラの詰め合わせで、もちろん全てが“Bean to Bar”産。極上の味わいを堪能できるホンモノのショコラが、大切な絆をより深めてくれることだろう。

家族のためには「ショコラティエ パレ ド オール」のクリスマスケーキ「ビューシュ パレ ド オール」がお薦め。ホワイトチョコレートには“Bean to Bar”で作られたカカオニブのエキスが加えられ、トップには“Bean to Bar”生まれのショコラがデコレーションされている。これも三枝シェフのオリジナリティーあふれる逸品だ。

最後に、三枝シェフがここまでショコラにこだわり続ける理由をたずねてみた。「ショコラの世界はまだまだ解明されてないことが多いんです。自分では無理かもしれないけれど、私はその謎を解明するための土台作りをしたい。それも“Bean to Bar”を始めた理由のひとつ。ショコラに捧げた人生ですけど、これも運命。選ぶべくして選んだ道だと思っています」

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る