ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.39 パティスリー 西洋銀座

2014年6月18日更新

銀座はちみつがシェフパティシエの創作意欲をかき立てた

「パティスリー 西洋銀座」では、 松屋銀座だけの特別なスイーツを用意している。それが「銀座ハチミツ」とのコラボ商品。「銀座ハチミツ」は2006年にスタートした「銀座ミチバチプロジェクト」から生まれた銀座産の特別な蜂蜜で、毎年1トンほどが生産されている。地域活性を目的に、毎年、銀座の一流店がそれを使ってさまざまな商品を開発・販売しており、西洋銀座も8年前からコラボ商品を提供してきた。
「最初は不安でしたよ。都会の真ん中で作った蜂蜜を使って大丈夫なのかと。でも安全性は全てクリアしていましたし、何より味の奥深さに興味をそそられましたね」と浦野シェフ。

蜂蜜は花の時期や蜂の種類で風味や滑らかさが変化する。「どんな蜂蜜が来るか分からない」ところが、シェフパティシエの創作意欲をかき立てた。

6月中旬から8月末までは「銀座はちみつマカロン」が店頭を飾る。銀座蜂蜜が練り込まれたバタークリームと銀座蜂蜜で煮込んだオレンジコンフィが創り出すスペシャルなアイテムは、数ある「銀座マカロン」の中でも特に人気の高いもの。これを機会に、同店でしか味わえない本物の美味しさをぜひ体験していただきたい。

松屋銀座には、「ホテル西洋 銀座」をよく知るお客様のご来店が多い。中には松屋銀座に出店したことを知り、嬉しさのあまり涙する人もいたという。西洋銀座はそれほどまでに愛されているブランドなのだ。ホテル時代にあった商品の復活を望む声も多いことから、同店だけのリバイバル販売があるかもしれない。 松屋のお中元には「銀座マカロン」と「銀座はちみつマカロン」がラインアップされた。クリスマスシーズンには浦野シェフ渾身のケーキが話題になることだろう。ホームグランドに戻ってきた西洋銀座の新たな展開が楽しみだ。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る