ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.35 日本クラフトビール「馨和 KAGUA」

2014年1月22日更新

店舗では松屋銀座が積極的に販売。バレンタインに向けたオリジナル商品も

「馨和 KAGUA」は、国内では既に350店近い飲食店で提供されている。海外では香港やシンガポールの有名レストランやホテルでも取り扱われており、新たにタイでの販売もスタートした。今後はイギリスなどヨーロッパの本場や、クラフトビールの販売が旺盛なアメリカ市場への参入を目指している。海外の場合、和食に合うハイエンドビールというコンセプトは受け入れられやすい。だが日本のクラフトビール市場は愛好家が支えているのが現状。それを変えるためにも、山田代表は「馨和 KAGUA」を今までになかった香りと味わいを楽しめる新しいビールとして訴求していく考えだ。
「日本では和食とのマッチングというよりは、持ち味のかぐわしさを強調していきたい。1本600円のビールは決して安くはありません。ジョッキやタンブラーではなく、ぜひワイングラスやステム付きのグラスで飲んでください」

そう語る山田代表にとって、昨年から「馨和 KAGUA」を取り扱っている松屋銀座は大切な販売拠点となっている。地下1階和洋酒売場では、年末年始を含め過去数回にわたって試飲販売を実施。代表自身が店頭に立つことも珍しくない。昨年のGINZA MEN'S WEEK開催時には、5階紳士フロアで試飲販売を行った。
「試飲販売はお客様の声を直に聞ける絶好の機会。松屋のお客様はビールにもこだわりが深いので勉強になります。女性に好評なのは新しい発見でした」

「馨和 KAGUA」は松屋と協力し、昨年のお歳暮用にロングサイズを含むスペシャルエディションを用意した。今年の2月には、松屋限定のオリジナル商品を5000本限定で販売する予定だ。
「異なる酵母を使い、さらにドライに仕上げました。馨和 KAGUAの違った一面を楽しんでいただけるでしょう」
ビール好きの男性に贈れば、一目置かれることは間違いない。「馨和 KAGUA」の香りと味わいは、新鮮で上質な空間を醸し出す。そこにいる二人の距離も、きっと縮まるだろう。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る