ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.34 木村硝子店

2013年12月18日更新

松屋「デザインコレクション」のグラスウェアを代表する逸品

一般向けの店舗では、主に一部の百貨店でしか扱われていない木村硝子店のガラス器。その中で松屋銀座は、早くから同社と深い関わりを持ってきた。約40年前、当時のデザインコレクションに出品されたのが、「ステラ」シリーズ。モダンで洗練されたデザインが高く評価され、全員一致でコレクションに加えられることになった。販売も好調で、当時の松屋は特別なショーケースを作って「ステラ」シリーズを展示していたという。
「嬉しかったですね。もっと嬉しかったのは、私が憧れるリーデル社の社長に褒められたこと。日本で一番いいグラスだと」

現在も、松屋銀座7階のデザインコレクションと洋食器売場では木村硝子店の定番シリーズを販売している。昔も今も変わらぬ人気を誇る「コンパクト」シリーズを筆頭に、「セ・シ・ボン」シリーズ、「ブルーノート」シリーズ、香りのある野菜を入れておくための「Yassai」、さらには木村さんの息子さんである専務がデザインした「カルタ」など、どれもが使っているうちに心に響いてくるものばかり。薄く吹いたグラスは世の中に珍しくないが、木村硝子店の製品は、そのデザインに対するこだわりと、いいものを作りたいという作り手の熱意において、他社の製品を寄せ付けない。

木村硝子店のワイングラスやタンブラーは、決して自己主張しない。飲み物を美味しく引き立たせるという役割に徹している。だから、私たちはレストランやバーで同社の製品を使っていながら、後からその形を思い浮かべることができない。使い手に伝わってくるのは、存在感ではなく、製品が持つ価値そのものなのだ。飲食のプロが好んで木村硝子店の製品を使う理由は、まさしくそこにある。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る