ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.32 ババグーリ

2013年10月2日更新

落ち着いた雰囲気で買物が楽しめる「ババグーリ」松屋銀座店

松屋は、かねてから4階婦人服売場で「ヨーガンレール」ブランドを展開してきた。売場では一部「ババグーリ」の商品も扱っていたが、2011年2月、7階リビングフロアに「ババグーリ」の単独ショップをオープン。「ババグーリ」にとっても百貨店初の店舗であることから、大型家具を除くほとんどの商品が並ぶほど、品揃えは充実している。白木のキャビネットを用いた空間は、ゆっくりとした時間が流れており、落ち着いた雰囲気の中で、心ゆくまで買物を楽しめる。秋冬の洋服を探しながら、ふと目に入った陶器のカップに手が伸びるかもしれない。ここにある全ての商品は、暮らしにほどよい温もりを与えてくれる。

「ババグーリ」松屋銀座店のフロア位置は、日本デザインコミッティーが企画・運営する「デザインギャラリー1953」のすぐ隣。ヨーガン レール氏は過去2回、ここで展覧会を開催した実績がある。デザインというキーワードを通じて、松屋銀座と「ババグーリ」は以前から結び付いていたのかもしれない。

最後に、レール氏が今最も気に入っている国、イランのお話を。今年の春に3週間滞在し、ノマド(遊牧民)と数日間、生活を共にした。「イランの景色はとても美しい。人々は優しく、文化水準も非常に高い。住んでみたくなりました」というほどの惚れ込みよう。仕事で行ったわけではなかったが、手仕事の現場にも遭遇した。崖に開いた岩穴のような工房で職人が作っていたのは、ラクダの毛で編んだコート用の生地。レール氏が見せてくれたそれは滑らかで手触りが良く、職人が手を掛けて丹念に織ったことがよく分かる。手仕事はまだ、廃れていない。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る