ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.31 Hervé Chapelier(エルベ シャプリエ)

2013年9月4日更新

「GPライン」はシンプルな美しさに加えたエレガンスが魅力

「Nライン」とはやや趣が異なるのが、2005年にリリースされた「GPライン」。トラベル需要が急増した19世紀に開発された、機能性と見ための美しさを両立した素材「コーテッドキャンバス」を採用している。軽さと汚れにくさ、耐久性を実現。形は舟形とスクエアが基本だが、フォーマルにも使えるショルダーと、スポーティな印象を与えるショッパー型もある。

他のラインよりもリュクスやエレガンスを強く感じさせる「GPライン」。その秘密は素材の仕上げにありそうだ。生地表面の細かなシワ模様が、バッグに繊細な表情を与えている。にじみ出てくるのは、控え目でエスプリの効いた上品さ。触ってみると、なめし革とも合成皮革とも異なる独特の手触り感がある。普段使いできる実用的なトートバッグでありながら、そこにあるのは機能美以上のアーティスティックな美しさ。こんなバッグにはなかなか出会えない。初めて「エルベ シャプリエ」を手にするなら、新たな定番になりそうな「GPライン」を選んでみてはいかがだろう。

「Cライン」は、米国デュポン社が開発した、軽くて丈夫なナイロン素材「コーデュラ」を採用したコレクション。スタンダードなナイロンよりも引っ張り強度や摩擦強度に優れており、耐久性も高い。一見するとコットンのようにも見えるので、モノトーンを選べば和装にもよく似合う。硬めのベルベットのような手触りも大きな特徴だ。

ナイロンボディにレザーハンドルを付けたのが「NDライン」。形は「Nライン」とほぼ同じだが、持ち手がレザーになることで、より上品な印象になっている。シンプルなソリッドカラーも、コンサバティブなイメージが強い「NDライン」ならではの個性といえる。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る