ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.27 2013 松屋オリジナル傘

2013年5月29日更新

2種類のレインコートはパイピングカラーで個性を演出

傘と並んで人気を集めそうなのが、新作のレインコート。今回登場するのは、スタンダードなステンカラーコートとダブルトレンチコートの2種類。どちらもデザインはシンプルだが、色に工夫を凝らしている点が興味深い。襟や袖口に施した太目のパイピングが、レインコートとしては意外なくらいに強めの個性を主張している。気分が沈みがちになる雨の日だからこそ、遊び心が欲しいもの。このレインコートは着る人を晴れ晴れとした気持ちにさせてくれそうだ。

ステンカラーコートのバリエーションは、ベージュ×ピンク、ベージュ×グリーン、ネイビー×グリーン、カーキ×ライムの4種類。ネイビー×グリーン以外には同じカラーコンビネーションの雨傘も用意される。コートと傘を合わせても楽しめるし、敢えて外した組み合わせにするのもお洒落な選択。こんなセットアップなら、雨の日が待ち遠しくなるかもしれない。

一方のダブルトレンチコートは、パイピングの存在がより強くなるデザインが印象的だ。カラーバリエーションはベージュ×ピンク、ベージュ×ブラック、ネイビー×ベージュの3種類。どの色も雨の日に相応しいが、ネイビーを選べばジーンズとの相性もぴったり。ちなみにベルトは2色のリバーシブル仕様なので、気分によって使い分けることができる。

ほかにも、ネオンカラーの刺繍をあしらった日傘(4色)、表地を透けた織物生地・裏地を二重のレース(かわず張り)で仕上げた日傘(3色)、山梨で製造したオリジナル生地を使った紳士用傘(長傘、折りたたみ各4色)など、「松屋オリジナル傘」には個性豊かなアイテムがふんだんに取り揃えられている。

今年の百傘会は、会場が「スペース・オブ・ギンザ」から「エッセンスプラス」へ変更されるため、規模がやや縮小する。百傘会恒例の天井から吊された傘の装飾は見られないが、商品の充実ぶりはそれを補って余りあるものになりそうだ。デザイナーとコラボした傘、週替わりのディスプレイなど、話題にも事欠かない。何よりひとつ一つの商品から、このイベントにかける松屋の熱意が伝わってくる。

最後に島田バイヤーのひと言を。 「松屋オリジナル傘は、基本的に全ての商品が期間限定で数量限定。どの柄も販売数が少ないので、人気のものは毎年すぐに売り切れてしまいします。一目惚れしたら、ぜひその場でお買い求めください」

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る