ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.25 グルマルシェ ヴァン

2013年4月10日更新

3月1日、松屋銀座地下1階にオープンした「グルマルシェ ヴァン」。既存の和洋酒売場に加えて新設されたこのワイン売場が、熱い注目を集めている。驚くのは、一見するとスタンディングバーのようにも見えるオープンカウンター。ソムリエはじめワインの専門家が、カウンターの向こうから好みに合ったワインを選んでくれる。ここなら、今夜の気分にぴったりの"家飲みワイン"が見つかるに違いない。

美味しく手頃なワイン選びをソムリエがお手伝い

ワイン選びは難しい。星の数ほどもあるその種類。赤・白・ロゼくらいしか区別できない素人にとって、百貨店のワイン売場は迷宮のようにも思える異空間だ。まずは手頃で美味しい一本を、と思って棚を眺めても、何を選べばいいのか見当もつかない。スタッフは親切そうだけれど、話しかけるのも気が引ける。結局、近所のスーパーでいつも買う1本1,000円ほどの安いワインに戻ってしまう。本当はもう少し贅沢をしたかったのだけれど…。

これまでの松屋銀座のワイン売場もそんな印象だったかもしれない。比較的高価なワインを提供する、スペシャルな空間。ところが3月1日にオープンした「グルマルシェ ヴァン」は、一般的な百貨店のワイン売場とは全く異なる不思議な空間になっている。面積は、今までの約2.5倍もある約60平方メートル。まず目に入るのは、長方形のオープンカウンター。カウンター下はショーケースになっており、選別された推奨ワインが並べられている。高い位置に掛けられているのは、手描きのメニューボード。オススメの銘柄が一目で分かる仕掛けだ。

カウンターの中には、ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの資格を持つワインの専門スタッフが4~6名常駐している。ワイン売場と言うより、スタンディングバーのような雰囲気。思わず一杯注文してしまいそうだ。なぜ、こんな不思議なワイン売場をつくったのだろう?

「コンセプトは、お客様が『家飲みワインを見つける』お店。ワインは奥の深いお酒ですが、決して敷居の高い世界ではありません。お客様一人ひとりに合ったワイン探しを専門家がお手伝いし、同時にワインに相応しい食事をご提案する。それが『グルマルシェ ヴァン』の販売スタイルなのです」 と語るのは、松屋の食品部バイヤー、外山研一。同店の商品担当者であると同時にワインアドバイザーでもある。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る