ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.18 H.P.FRANCE Boutique(アッシュ・ペー・フランス ブティック)

2012年8月29日更新

計算し尽くされたクリエーション「ジャック・ル・コー」

同じくフランスのブランドで、「H.P.FRANCE Boutique」オープン時から支持されているのが「ジャック・ル・コー」。もともとは帽子を作っていたが、やがてバッグやアクセサリーのコレクションも発表。「H.P.FRANCE Boutique」ではバッグの注目度が高く、ジャマンと並ぶ人気ブランドとなっている。
その特徴は、クラシックなフォルムの中に隠された、意表を突くコンビネーション。代表作の「リスボン」は、一見するとシンプルでスタンダードな形だが、細部にはアバンギャルドと言っていいほどのオリジナリティーが溢れている。カラーやサイズにかかわらず、バッグ内側は蛍光のグリーンで統一。素材への挑戦も頻繁に行われており、過去にはカエルやサーモン、スズキの革を使ったこともあるという。

「ジャンルは異なりますが、自己主張の強さはジャマンと似ているかもしれません。ジャック・ル・コーはシンプルなので、一度見ただけではその良さがお客様に伝わりにくいんです。何度も通った末に購入されるお客様も珍しくありません」
もうひとつのポイントは、このシンプルなフォルムの中にクリエーターの巧みな計算が隠されている点。女性がこのバッグを手に持ったとき最も美しく見えるよう、持ち手の長さや縦横のバランスを緻密に計算しているのだ。田中さんは、バッグを持って鏡を見れば、自分が今までと違って見えると言う。ジャック・ル・コーには、使い手を一瞬で魔法にかけてしまうほどの、不思議な魅力が隠されているのだ。

松屋銀座店では、和服を着る女性にもジャック・ル・コーが好まれているという。一見敷居が低そうで、その実、自分に自信がないと使いこなしが難しい。外見ではなく、心のステータスが求められるバッグと言えるだろうか。
秋冬のコレクションにも「リスボン」の新作がラインアップされる。例えば、加工したレザーの上から銀箔を貼ったユニークな作品。クラシカルエレガンスと革新性が見事なバランスで両立している点に注目したい。

独創性に富み、エッジの立った作品をリリースし続けるジャマン・ピュエッシュとジャック・ル・コー。どちらも少々敷居が高いブランドだが、顧客の心がクリエーターとシンクロすれば、その商品は間違いなく価格以上の価値を持つ。そして、多くの顧客がその新作を待ち焦がれるようになる。
付け加えておきたいのは、銀座はそのシンクロ率が高い街だということ。確かに、小さなヨーロッパ「H.P.FRANCE Boutique」には、ファッションで自己主張できる“大人の女性”がよく似合う。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る