ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.6 Reきものスタイル 撫松庵・ながもち屋

2011年9月21日更新

「Reきものスタイル」が発信するメッセージ

着物のリサイクルショップ「ながもち屋」が誕生した背景も興味深い。昔の着物は、親から子、子から孫へと受け継がれていく財産として扱われていた。ところが70年代に入って価値観の転換が起こると、着物は「良い物だから代々着回す」のではく、「好きじゃない」という理由で箪笥にしまっておかれるようになる。「撫松庵」にとって、これは困ることだった。
「撫松庵の着物は、古い着物にインスパイアされて作られているからです。古い着物は色や柄に独特の味わいがある。モチーフも素晴らしい。でも職人がいないから同じものは作れません。なんとかして市場に出していく必要がありました」
それまでにあった着物のリサイクルショップはシステムが不明瞭で、売る側には不評だった。「ながもち屋」は売り手が納得する価格で委託販売するシステムを導入し、業界に風穴を開けることに成功する。信用を第一に考える百貨店にも、次々と店を出すことができた。

古い着物は作り手のアイデアを喚起するだけではなかった。1987年、「撫松庵」は展示会「私ごのみ」展を開催し、著名な48人の女性が所有する古い高級着物に、自社の、なんとポリエステル製品をコーディネートしてみせる。 「これは大評判になりました。古い着物に古い帯を組み合わせても古いままですが、新しい帯を組み合わせたら、全部が新しくなる。洋服も同じですよね。不思議なことに着物の世界では、新旧を組み合わせる提案が行われてこなかった。『Reきものスタイル』の原点はここにあるんです」

「撫松庵」の商品は古い着物のテイストを取り入れているので、古い着物とのコーディネートがぴたりと決まる。生まれながらにして相性がいいのだ。だが松屋銀座を含め、百貨店内の「撫松庵」と「ながもち屋」は全て離れた場所にある。店頭における新旧のコーディーネーションはずっとできないままだった。そこには、古着と新品は世界が違うという、売り手と買い手双方の固定観念がある。

だが、時代は変わった。東日本大震災を経験した後の日本人はサスティナビリティー(持続可能性)の大切さを今まで以上に意識するようになったし、物を死蔵させておくより、リサイクルして有効活用することに価値を見出すようになった。
「古い着物と新しい着物を組み合わせる楽しさと、思いがけない発見の喜び。今こそ、着物を愛する人たち、着物に興味がある人たちにそれを伝えていきたい。『Reきものスタイル』はその出発点になるでしょう」

同店では、「撫松庵」の新しい着物と「ながもち屋」の古い着物が巧みにコーディネートされて陳列されている。また、「ながもち屋」に出てきた着物をリメイクする計画もあるという。 古典的な色合いの着物と組み合わされる、モダンな絵柄の袋帯。そこから生まれるのは、まだ誰も目にしたことのない、想像を越えた着物の世界。時代を超越したものづくりを行う「Reきものスタイル」は、その水先案内人になってくれるはずだ。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る