ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

連載・ホンモノ

Vol.2 松屋オリジナル傘

2011年5月25日更新

松屋に足を運んでくださる大切なお客様のために

傘は多数のパーツから作られるが、強度面から見て最も重要なのは、心棒に当たる骨の部分。新しい「松屋オリジナル傘」には、軽くて丈夫なカーボン製の骨が使われている。
ジャカードの生地は、厚みがあるので重量がかさむ。通常の生地ならスチール製の骨を使ってもそれほど重くならないが、ジャカードの生地にスチール骨では、傘全体が重くなってしまうのだ。
そこで選ばれたのが、ゴルフクラブなどにもよく使われるカーボン。製造コストは上がるが、ジャカードの高級傘を普段使いするためにも、カーボンは必須の素材だった。

もう一つ、主要なパーツで見逃せない部分がハンドル(持ち手)。一般的な傘のハンドルは、専業メーカーがあらかじめ取り揃えているデザインの中から選ばれる。今回の新製品も、最初は既存のハンドルが検討された。だが、コンセプトは「和装にも合うヨーロッパテイスト」。渋味のある木製ハンドルでは和風になりすぎてしまう。
そこでバイヤー島田は黒透明のアクリルハンドルを型から作り直し、ハンドルの径をやや細め、全体を短めにし、黒を濃くするようリクエスト。握ったときの自然なフィット感と繊細な形から、アクリルという素材を超えた高級感が伝わってくる。

高級傘は職人の丁寧な手仕事で完成される。今回の製品を担当するのは、茨城県牛久市在住の傘職人、山口氏 。その丁寧で緻密な仕事ぶりは業界ではよく知られており、「松屋オリジナル傘」をはじめ、内外の有名ブランド傘を数多く製造している。山口氏の手によって、こだわりに満ちたパーツの数々に命が吹き込まれ、伝統ある「松屋オリジナル傘」の新作が誕生した。

既存の良質な部品だけでも、確かに高級な傘はできるかもしれない。だが、それでは「松屋オリジナル傘」を名乗ることはできない。

「妥協すれば、ぱっと見て高級な傘はできるでしょう。でもそれはホンモノの傘ではありません。ホンモノでなければ、銀座のお客様には選ばれないんです」とバイヤー島田は力を込めて言う。
もしこの傘を新宿や渋谷の百貨店で販売したとしても、おそらく松屋銀座ほどには売れないかもしれない。「松屋オリジナル傘」は、松屋に足を運んでくださる大切なお客様のために作られている。何がホンモノで何がそうでないか。それを知る人のために作られている。

※本記事の内容は公開当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る