富山県高岡市。多くの鋳物関連会社が軒を連ねるこの街に、ひときわ異彩を放つメーカー、「能作」がある。生粋の職人集団であることを物語るこの名は、社名であり、同社が作る鋳物製品のブランド名でもある。
能作の誕生は1916(大正5)年。仏具の製造からスタートし、茶道具や花器など、徐々にその製造範囲を広げていった。高岡の鋳物製品は、そのほとんどが分業制で作られる。能作も長い間、注文に応じて生地を生産し、販売は専門の業者に任せていた。100年近い歴史で培ってきた高度な鋳造技術が同社の商品だったと言えるだろう。だが、4代目社長の能作克治氏は、そこに大きな危機感を抱いていた。

「高岡の鋳物生産は衰退しつつあります。今までと同じやり方では将来が見えない。メーカーなのだから、自分たちが作りたいものを作り、自分たちの手で売ろう。そう考えたのです」