ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

第730回デザインギャラリー1953企画展
「繕う 漆繕い・焼継ぎ・鎹(かすがい)繕い」

7階 デザインギャラリー1953
2016年12月27日(火)-2017年1月23日(月)<最終日17:00閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、2017年の正月企画といたしまして、「繕う 漆繕い・焼継ぎ・鎹(かすがい)繕い」を開催いたします。
古来より、日本人は、欠けた器に繕いを施し、そこに特別な美を見出してきました。
例えば、本阿弥光悦の赤楽茶碗「雪峰」や古田織部の井戸茶碗「十文字」など、割れや欠けを繕うことで、新たな美を見出すとともに、新たな価値をも生み出しました。
陶磁器を繕う技法は、漆繕い(金継ぎ、銀継ぎなど)、焼継ぎ、鎹(かすがい)繕い、などさまざまなものがあります。
本展では、日本人の独特の美意識とも捉えられる「繕い」に眼を向けようと思います。
さまざまな技法で繕い、継がれたものの奥深い美しさにご注目ください。

主催:日本デザインコミッティー

JAPAN DESIGN COMMITTEE

●メッセージ
陶磁器の繕いは、茶の湯が生まれた室町時代に遡る。欠けや綻びを修理することで、独特の美や価値観を生み、さまざまな繕いの技法が生まれた。金継ぎは、現代人にも馴染み深いが、本展では、漆繕い・焼継ぎ・鎹(かすがい)繕いなども紹介する。日本人が持つ美への眼差しを2017年の年始にご高覧いただきたい。

担当:川上元美

●企画・監修
佐久間年春

●協力
雨宮秀也、小澤實、黒田泰蔵、bar cafca. 、福田義竜、山口信博(敬称略)

●ワークショップ
開催に併せ、期間中にワークショップ「欠けた器を漆で繕う」教室を開催いたします(要事前申し込み|有料)。

詳しくはこちら

続きを読む

  • ©Hideya Amemiya
  • 左上:漆繕い(銀)、鎹繕い/白磁皿
    右上:漆繕い(錫)、鎹繕い/ bone china ティーポット
    左下:漆繕い(金、錫、など)/蕎麦猪口各種
    右下:漆繕い(銀)/ガラス

はきものが楽しい 黒田商店の仕事展

7階 和の座ステージ
2017年1月4日(水)-1月17日(火)<最終日19:00閉場>

香川県高松市の履物店「黒田商店」が今年も出展いたします。古今東西の布地を用いた多彩な鼻緒、歩きやすさを追求した台をお選びいただき、その場で挿げ、世界でひとつだけの履物をお作りいたします。オリジナリティー溢れる、お洒落で履きやすい黒田商店の履物をどうぞお楽しみ下さい。バッグ、袋物などのファッションアイテムもあわせてご紹介いたします。

  • ※写真はイメージです。

土屋陽太・メタル展

7階 遊びのギャラリー
2017年1月11日(水)-1月17日(火)<最終日17:00閉場>

静岡県伊東市にアトリエを構える若手金工作家、土屋陽太。
鉄、銅、真鍮、アルミ等の金属を一枚一枚切断し、なまし叩いて制作をしています。身近な動物をテーマに作る作品は、無機質でいながら どこか温もりが感じられるユーモラスな形で溢れています。蛙や猫、犬、ふくろう、小さな虫などの動物のオブジェや、身近な草花に合う花器、香立てを中心に、今年の干支「酉」の作品を多く取り揃え展開いたします。どうぞご期待ください。

  • ※写真はイメージです。

渡邊彰 江戸指物展

7階 和の座ステージ
2017年1月11日(水)-1月17日(火)<最終日19:00閉場>

長い歴史の中で培われてきた伝統技術を大切に受け継いでいる江戸指物師・渡邊彰氏。桑、欅、杉、桐など木材の持つ温もりや杢目を生かし、細身に繊細な仕事にて製作された江戸指物をご紹介いたします。会場では、引出箱、鏡台、文机、合曳などを展示販売するほか、オーダーのご相談も承ります。

  • いろは箪笥
    1,836,000円
    前タモ杢・キハダ材、拭き漆仕上げ
    W800×D340×H1,030cm
  • ※表示価格はすべて税込です。

能作100周年記念展「100のそろり」

7階 遊びのギャラリー
2017年1月18日(水)-1月24日(火)<最終日17:00閉場>

地場産業の雄として高岡鋳物の技術の高さに支えられ世界に躍進する能作。その今を牽引した風鈴「スリム」。秘密は古来より茶席で使われてきた一輪挿し「そろり」の美曲線から生まれました。このたび100人の高岡職人が集い仕上げた100種類の「そろり」を展示販売いたします。
※100のそろりは受注販売とさせていただきます。(2か月程お時間を頂戴いたします)

【EVENT】
代表取締役社長 能作克治トークショー
1月22日(日)14:00から
遊びのギャラリー
能作100周年に際し、今までの歴史や鋳物の魅力、記念展を開催するにあたっての想いなどをお話しいただきます。

【PRESENT】
会期中、能作商品を税込10,000円以上お買い上げの先着100名にノベルティをプレゼントいたします。

  • ※写真はイメージです。

能作100周年記念展 能作+春のしつらい

7階 和の座ステージ
2017年1月18日(水)-1月24日(火)<最終日19:00閉場>

富山県高岡市にて現代のしつらいに叶う鋳物製品を作る「能作」。その製品を引き立て、実際の生活の中での使い方をイメージできるように、様々な作り手との共演で紹介する「能作+(プラス)」。
このたび「春のしつらい」と題し、能作100周年記念の機会に能作製品の全容と共にお楽しみいただきます。

【出展】
品品(景色盆栽)
Shimoo Design(木製品)

  • ※写真はイメージです。

第731回デザインギャラリー1953企画展
「STYLE MEISEN」

7階 デザインギャラリー1953
2017年1月25日(水)-2月21日(火)<最終日20:30閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、第731回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「STYLE MEISEN」を開催いたします。
本展では、大正時代から昭和にかけて、一世を風靡した「銘仙」の今日的な在り方を紹介いたします。
銘仙は、縦糸にさまざまな絵柄をプリントし、横糸は一色で織られる平織りの絹織物です。
縦糸を故意にずらすことで、独特なかすれが生まれますが、これが独特な味わいになり、当時爆発的な人気となりました。クズ繭から糸を紡ぐことから、安価であることも魅力でした。しかし今日、着物人口が圧倒的に縮小し、銘仙も忘れ去られようとしています。銘仙の技術は、細々と継承されてきましたが、本展では、その銘仙の復活の試みをご紹介します。
ファッションブランドのmatohuが、現代の私たちにも受け入れられる銘仙の可能性を追求しました。
和装から洋装へと発展した銘仙の魅力をご堪能下さい。

主催:日本デザインコミッティー

JAPAN DESIGN COMMITTEE

●共済
経済産業省関東経済産業局

●協力
足利市、秩父市

●企画・デザイン
matohu(堀畑裕之、関口真希子)

●プロデュース
岡田茂樹

●担当
須藤玲子

●デザインサロントーク
2017年1月25日(水)17:00-18:00
出演:matohu(堀畑裕之、関口真希子)、秩父銘仙事業者、足利銘仙事業者

詳しくはこちら

続きを読む

凛の布展

7階 和の座ステージ
2017年2月8日(水)-2月14日(火)<最終日19:00閉場>

アジアの広大な自然が生み出す素材と伝統的な手仕事に“和”を取り入れる「ギャラリー凛」。今回は、大胆な幾何学模様の木版更紗や細やかな手刺繍の帯などの新作が揃います。異国情緒溢れるアジアの布の魅力、そしてギャラリー凛がお届けする新しい和のカタチをどうぞお楽しみください。

  • ※写真はイメージです。
  • 松屋カード オンライン入会お申し込み受付中!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る