ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

立華窯仙台 岩井 純 40周年記念 アンティノーの世界Ⅹ

7階 遊びのギャラリー
2016年6月29日(水)-7月5日(火)<最終日17:00閉場>

仙台市郊外に立華窯(りっかがま)を構え活動を続ける陶芸家、岩井 純。結晶釉、天目釉をベースとしたその作品は、息を飲むような美しい輝きを持ち、その一番の特徴は皿の中でキラキラと星のように輝く模様です。2007年にローマで行った個展で、アンティノー財団のラウラ・モナケージ女史が天空の星を想像させるとして「アンティノーの星」と名付けました。以来、10回を迎えるアンティノーのシリーズ、今展では青の天目と共に白磁にモザイクの意匠を施した、新しい器を発表いたします。天空の美しさを想起させる花器・食器などを織り交ぜた『アンティノーの世界』に、どうぞご期待ください。

【岩井 純 プロフィール】

  • 1947年 仙台市生まれ
  • 1971年 仙台第二高等学校を経て、北海道大学理学部卒業
    京都 奥村孝一氏に師事
  • 1976年 仙台市に築窯
  • 1977年 第1回仙台市十字屋 個展(~2002 22回)
    第4回伝統工芸武蔵野展 入選(4回)
  • 1978年 第18回伝統工芸新作展 入選(14回)
  • 1980年 新宿、小田急百貨店 第1回陶芸作家選抜展
    札幌、アートギャラリーさいとう 個展
  • 1981年 東京 松屋銀座 個展(以後20回)
    銀座たち吉 現代作家4人展
  • 1985年 国際陶芸展 秀作賞受賞
  • 1986年 横浜そごう 個展
    宮城県芸術展 奨励賞(2回)
  • 1987年 米国、ピッツバーグ市、カーネギーメロン大学主催
    「ディスカバー・ジャパン・フェアー」招聘 個展
    ピッツバーグ大学 展覧会
  • 1988年 国際陶芸展 入選
  • 1989年 横浜そごう 個展
  • 1990年 ドイツ・エルモルト大学主催「にほんの夕べ」個展
  • 1991年 宮城県芸術祭 美術館長賞受賞
  • 1994年 韓国、大邱市 第1回日・韓陶芸交流展 主催
  • 1995年 仙台 第2回日・韓陶芸交流展 主催
    宮城県芸術祭 知事賞受賞
  • 1996年 韓国、大邱市 第3回日・韓陶芸交流展 主催
  • 1997年 松島、藤田喬平ガラス美術館 個展
    仙台、第4回日・韓陶芸交流展 主催
  • 1998年 陶芸と彫刻「玄黄展」
  • 2000年 NHK衛星2「やきもの探訪」放映
  • 2001年 ローマ県庁「パラッツィオ・バレンティーニ・ギャラリー」展覧会
  • 2002年 山形、楽美洞茶陶館 茶道具展
    韓国、聞慶大学「陶芸フェスティバル」ワークショップ
  • 2003年 イタリア・ペルージャ市 個展
    仙台、第1回藤崎 個展(以後毎年)
  • 2004年 米国・テキサス州、カクタス・ホテル 日米2人展
    サン・アンジェロ・美術館主催
    「第16回ナショナル・セラミックコンペティション」招聘 ワークショップ
    ヒューストン大学・ノースハリス大学 ワークショップ
    韓国、聞慶市主催「陶芸セミナー」参加
    聞慶大学 ワークショップ「日本の器について」
    東京、松屋銀座 個展
    ソウル、仁寺洞「TONG-IN GALLARY」日韓二人展
    一水会陶芸展 入選
  • 2005年 第1回菊池ビエンナーレ 入選
    宮城県芸術祭 成瀬美術館長賞受賞
  • 2006年 東京、松屋銀座画廊 個展(作陶30周年記念展)
  • 2007年 19回日本陶芸展 入選
    イタリア・ローマ市所轄「ボロッメオ宮殿」にて個展
  • 2008年 東京、松屋銀座 個展
    仙台、藤崎 個展
  • 2009年 NHK BS2「器 夢工房」放映
    イタリア・フィレンツェ「コルシーニ宮殿の職人展」
    仙台、瀬戸屋 ギャラリー「ZEN」個展
  • 2010年 イタリア・フィレンツェ「コルシーニ宮殿の職人展」
    日本伝統工芸展 入選
    東京、松屋銀座画廊(20回記念展)
  • 2011年 韓国、大邱市 四人展
  • 2012年 日本伝統工芸展 入選
    ReVALUE NIPPON 中田英寿氏取材来訪
  • 2013年 第1回陶美展 奨励賞受賞
  • 2014年 東日本伝統工芸展 入選
    第2回陶美展 入賞
    山形楽美洞茶陶館 茶道具展
    松屋銀座 個展
    仙台、藤崎 個展
  • 2015年 第55回東日本伝統工芸展 入選
    第3回陶美展 入賞
    第4回全国やきものフェアーinみやぎ 岩井純 作陶特別展
    仙台、藤崎 個展
  • 2016年 第56回東日本伝統工芸展 入選
    第4回陶美展 入選
    東京、松屋銀座個展 岩井 純 40周年記念 アンティーノの世界X

続きを読む

  • ※写真はイメージです。

~京都・二ノ瀬/陶都窯~ 吉田一也・京の福猫 展

7階 遊びのギャラリー
2016年7月6日(水)-7月12日(火)<最終日17:00閉場>

京都 洛北、鞍馬は二ノ瀬に窯を持ち、制作にあたる陶芸家、吉田一也。京都市立芸大でもともとは日本画を学んでいた異色のキャリアを持っています。猫をモチーフに、その愛らしさ、片やふてぶてしさに魅力を感じ、陶による猫の制作を始め、以来各地で発表を続けています。松屋での個展も今回で13回目。さて、今回はどのような表情を見せてくれる猫が登場する事でしょう。ご期待ください。

【吉田一也 プロフィール】

  • 1970年 京都生まれ
  • 1994年 京都市立芸術大学日本画科卒業
  • 1999年 京都・鞍馬に窯を持つ
  • 2000年 アメリカ・ボストン美術館ミュージアムショップにて陶器作品を販売
  • 2002年 全国デパートを中心に個展での発表を始める
  • 2004年 松屋銀座にて個展(以後 毎年)
  • 2008年 瀬戸「平成の招き猫100人展」大賞受賞
  • ※写真はイメージです。
  • 松屋カード オンライン入会お申し込み受付中!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る