ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

第738回デザインギャラリー1953企画展
「デザインの日常 Vol.1 500人のコップ展」

7階 デザインギャラリー1953
2017年9月13日(水)-10月9日(祝・月)<最終日17:00閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、738回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「デザインの日常 Vol.1 500人のコップ展」をメンバーで、アートディレクターの永井一史とプロダクトデザイナーの柴田文江、両名による企画監修で計画いたしました。
この展覧会は、暮らしとデザインについての考察を試みるものです。
その第一回目として「コップ」を取り上げたいと思います。
水を飲むことは暮らしの中でもっともベーシックな行為であると言えます。
本企画では、東京の美術系大学に在学するデザイン学科の学生とベテランデザイナー、クリエーターの方々を対象として、実際に家でつかっているコップを集め、それらを一堂に展示いたします。
基本的な道具であるコップの展示を通じて、見る人に暮らしの中のデザイン、道具とデザインについての考察を促すものです。

JAPAN DESIGN COMMITTEE

●主催
日本デザインコミッティー

●協力
女子美術大学、多摩美術大学、東京藝術大学、東京造形大学、武蔵野美術大学

●企画担当
永井一史、柴田文江

●デザインサロントーク
会期中、関係者によるデザインサロントークを展開の予定。

詳しくはこちら

続きを読む

SOLO ON VOGUE あたらしい風のふく日 大場冨生 木版画展

7階 遊びのギャラリー
2017年9月20日(水)-9月26日(火)<最終日17:00閉場>

盛岡在住の木版画家、大場冨生(おおば とみお)。元キックボクサーでトランペッター、そして版画家という多彩な才能をもつアーティストです。哀愁漂う男の世界を、ある時はジャズメンの姿に、ある時は敬愛してやまない宮澤賢治の世界に託し、謳い上げます。二年ぶりの今展では、はたしてどのような叙情溢れる世界を見せてくれるのでしょう。ご期待ください。

【大場冨生 プロフィール】

  • 1949年 盛岡市生まれ。版画家・ギタリスト。
  • 1989年 岩手芸術祭版画部門大賞受賞。
  • 1991年 第12 回日本グラフィク展(佳作)。
  • 2004年 第54 回日本観光ポスターコンクール金賞受賞(JR東日本 盛岡キャンペーン)。盛岡冷麺の有名店“ぴょんぴょん舎”のパッケージも長年手掛けている。
    著書に『賢治のトランク』(河出書房新社)がある。
  • ※写真はイメージです。

真砂三千代 秋冬の衣 展

7階 和の座ステージ
2017年9月20日(水)-9月26日(火)<最終日19:00閉場>

1枚の布を纏う(まとう)ことにアジアの衣の原点を見つめるデザイナー・真砂三千代の秋冬の衣をご紹介いたします。暖かな布に包まれる心地よさ、冬衣の季節。ふわっとしたリバーシブルや大きな格子柄のウールは、コートやジャケットに。新たな素材・カットジャガードのウール綿ではチュニックやスカートを作りました。Life afaとの組み合わせで変化する着こなしをどうぞお楽しみください。

【真砂三千代 プロフィール】

  • 1971年 田中千代服装学園デザイン科卒業
  • 1986年 池田貴雄・パリコレクションディレクター
  • 1995年 Afa 設立
  • 1987年 「Natural sinclo silk HAREGI」展(ギャラリーギブリ/銀座)
  • 1995年 「現代の道具展」出品(玉川高島屋)
  • 1998年 真南風」石垣昭子・真木千秋との共作 ニューヨークコレクション(リプトン・ギャラリー)
  • 1999年 「白の領域」秦泉寺由子とのコラボレーション
  • 2000年 Life afa 設立
  • 2004年 「風着・color of India」出版(文化出版局)
  • 2005年 NHKおしゃれ工房「沖縄手仕事の旅・西表編」出演
  • 2006年 「Form」イワタルリ(ガラス)とのコラボレーション(玉川髙島屋/ルーフギャラリー)
  • 2007年 「魂の布と衣 松本路子が出会った12人の作家たち」(ギャラリールベイン)
  • 2008年 「音と舞のコラボレーション」衣装(真砂秀朗・小林敏夫/那智 青岸渡寺)
  • 2009年 「白の領域」秦泉寺由子とのコラボレーション (ガレリア表参道/長野)
  • 2010年 「現代のKimono」GoDai group exibition opening show (Villa Necchi/Milano)
  • 2011年 「実りの祈り」衣装 音・真砂秀朗/NOBU やまとかたり・大小田さくらこ 舞・AKI
    (代々木能楽堂/代々木)

続きを読む

  • ウール ジャガードチェック ハイネック チュニックコート 102,600円
    ※表示価格はすべて税込です。

ganga maki の 秋

7階 遊びのギャラリー
2017年9月27日(水)-10月10日(火)<最終日17:00閉場>

毎秋春、作品をご紹介している『真木テキスタイルスタジオ』から、秋を感じさせる新作が届きました。
『長かった雨季も終わり、一年で最高の季節を迎えるganga新工房。緑溢れる広々としたスペースで、製作にもいっそう熱が入ります。秋冬に向け、様々な素材の糸を染め、布を織り、衣服に縫製。ヒマラヤウールでは、腰巻や服のほか、初めてスカートを作りました。ウール、絹、麻などの混紡布や交織布で、定番のパンツやベスト、小さなジャケットやコートなど。彩り豊かな秋ストールも揃います。』

【MAKI TEXTILE STUDIO 真木テキスタイルスタジオ】
テキスタイルデザイナー 真木千秋が主宰するテキスタイル(手織物)スタジオ。東京は西のはずれ、あきる野市にアトリエや工房、ショップを構える。インドの様々なシルクや、ヒマラヤ山麓で紡がれるウールなどを使い、手織りものを現地の職人たちと共に作り上げ、それらの布を日本のギャラリーで直接紹介しています。

  • ※写真はイメージです。

T・E・I・B・A・N Japan classico 奈良の動詞のデザイン展

7階 和の座ステージ
2017年9月27日(水)-10月10日(火)<最終日19:00閉場>

奈良県による地場産業活性化のためのプロジェクトとして行われている「TEIBAN展」。松屋では11回目の開催となります。それぞれの作り手が、会場でお客様の声を聞き、そこから得られた評価から課題を見いだし、進化につなげています。奈良のロングセラーを目指すモノづくりをどうぞご覧ください。

主催 奈良県

【出展者】
生まれたての靴下/ポンテデピエ
ハンドメイドの貝ボタン/4Nov
折敷/坪岡林業・聖山
組木細工/杉森建具
鉄の小物/垣本鉄工所
椅子/naice中田真太郎
紙の収納/hachi-wari
墨/松壽堂
筆/管城
暮らしと麻/Mafu a Mano
町家に住まう旅/紀寺の家
吉野葛菓子/TSUJIMURA
奈良の煎茶・焙じ茶・茶粥/Team T

続きを読む

  • ※写真はイメージです。
  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る