ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

デビュー50周年記念「萩尾望都 ポーの一族展」

8階イベントスクエア
2019年7月25日(木)-8月6日(火) ※7月26日(金)は20:30まで。7月28日(日)、8月4日(日)は19:30まで。
<最終日17:00閉場。入場は閉場の30分前まで。>

デビュー50周年記念「萩尾望都 ポーの一族展」©萩尾望都/小学館

コラボカフェ詳細はこちら▼
  • ◆ヤフーパスマーケット

    発券はこちらから

  • ◆ローソンチケット 【Lコード:32100】

    発券はこちらから

  • ◆セブンイレブン 【セブンコード:076-125】

    発券はこちらから

「ポーの一族」を中心に半世紀の軌跡をたどる原画展

少女マンガに革新をもたらした萩尾望都さんの代表作「ポーの一族」。バンパネラ(吸血鬼)の一族に加えられ、少年の姿のまま永遠の旅を続ける主人公・エドガーの哀しみを描いたこの作品は、1972年の第1作から多くの読者を魅了してきました。2016年に40年ぶりのシリーズ新作が発表され、2018年には宝塚歌劇団が満を持して舞台化するなど、今なお世代を超えて読み継がれています。
本展ではデビュー50周年を記念し、「ポーの一族」シリーズ最新作や本展のための描き下ろしを含む原画、予告カットなど200点以上を展観します。さらに宝塚歌劇公演の衣装・小道具も特別展示し、夢のステージを再現します。
また「トーマの心臓」をはじめとする名作の数々を紹介するほか、執筆風景やスケッチブックも公開し、他分野にも多大な影響を及ぼした「萩尾望都の世界」の魅力に迫ります。


  • ランプトンは語る(1975)

  • ユニコーン(2018)

  • エヴァンズの遺書(1975)

  • ペニー・レイン(1975)

  • ポーの一族(1972)

  • 宝塚歌劇 花組公演『ポーの一族』(2018年)

※作品はすべて「ポーの一族」シリーズ ©萩尾望都/小学館

萩尾望都(はぎお・もと)プロフィール


撮影/横田紋子
萩尾望都(はぎお・もと)
1949年、福岡県生まれ。
1969年「ルルとミミ」でデビュー。
1972年「ポーの一族」シリーズ連載開始。
1976年小学館漫画賞、2006年日本SF 大賞、2016年度朝日賞ほか受賞多数。
2012年紫綬褒章受章。代表作に「トーマの心臓」「11人いる!」「残酷な神が支配する」「バルバラ異界」など。

展覧会オリジナルグッズ

本展覧会でしかお買い求めいただくことのできない展覧会オリジナルグッズを多数ご用意いたします。
※デザイン・仕様は変更になる場合がございます。


風呂敷(復刻デザイン)

「ポーの一族展」コラボカフェ 期間限定でオープン!

期間中、8階MGカフェにて、「ポーの一族」とコラボレーションしたメニューを提供いたします。
フロートやトライフルなど、「ポーの一族」の世界観を表現したメニューをお楽しみください。

コラボメニューをご注文のお客様には、オリジナルコースターをプレゼントいたします。
※限定数に達し次第終了とさせていただきます。

8階MGカフェ

ぼくが溶けてしまっても きみは泣きもしないんだろフロート
~バラのシャーベット添え~
各1,080円
エドガー、アラン、メリーベルをイメージしたアイスクリームフロート。
ローズ、イチゴ、メロンの3種類からお選びください。
バラのシャーベットは全5色の中からランダムでご提供いたします。
(小鳥の巣 「ぼくが散ってしまっても きみは泣きもしないんだろ」)
ローズティーを飲んでくれる人がいるのはいいわ
972円
魔法薬のような妖艶な色のローズティー。
バラのエッセンスを加えて、そのうわずみが透き通るまでの味や色の変化をお楽しみください。
(はるかな国の花や小鳥 「ばらをうけとってくれる人がいるのはいいわ」)
いてついた星のように青い・・・ハーブティー
972円
エドガーの青い目のようなハーブティー。
レモンを入れると色が変わることによって、人間からバンパネラへの変化をイメージ。
血のように赤いローズシロップを入れてお召し上がりください。
(ポーの村 「いてついた星のように青い・・・」)
一つではさびしすぎるトライフル
各1,620円
ポーの村のあるイギリスの伝統的なデザートであるトライフル。
一種類ではさびしいので、メロン、イチゴ、桃の3種類からお選びください。
(ペニー・レイン 「一人ではさびしすぎる」)
シフォンなら バラの咲く村 ポーの村
1,404円
イギリスといえば紅茶。
その紅茶のシフォンケーキにポーの村を去るシーンのエドガーとメリーベルをデコレーション。
不老不死の果物と言われ、不滅の愛が花言葉のイチジクを添えました。
(ポーの一族 「さようなら バラの咲く村 ポーの村!」)
ぼくのタルト ぼくのティー
1,944円
ベリータルトにマカロンやフルーツを添えて、一年中咲き誇るポーの村の華やかなバラ園をイメージ。
エドガーとアランの飲むローズティーと一緒にどうぞ。
(ポーの一族 「ぼくの命 ぼくの愛」)

※写真はイメージです。

特別企画「萩尾先生とまわるナイトミュージアム」※お申し込みは終了いたしました。

展覧会開催記念の特別企画。萩尾先生と一緒に会場をまわる、夢のようなナイトミュージアムです。
ギャラリートークをききながら作品を鑑賞します。(先生のご出演は約15分の予定です。)

日時:2019年7月25日(木) 20:00-21:00
会場:8階イベントスクエア
集合:19:45 展覧会入口前
入場料:一般4,000円(展覧会図録付き) 【50名様限定】

※物販コーナーは20:00までの営業となります。ナイトミュージアム前にお買い物をお済ませください。
※写真撮影はご遠慮ください。
※事故や混乱防止のため、会場スタッフの指示には必ず従ってください。
※指示に従っていただけない場合、参加をお断りする可能性がございます。

※画像はイメージです。
※表示価格はすべて税込です。

  • 松屋カードご入会キャンペーン実施中!11月5日(火)まで
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る