ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

松屋創業150周年記念 利休のかたち 継承されるデザインと心展

8階イベントスクエア
2019年12月27日(金)-2020年1月20日(月)※1月1日(祝・水)は休業。12月31日(火)は18:00まで。1月2日(木)、5日(日)、13日(祝・月)19日(日)は19:30まで。<最終日17:00閉場。入場は閉場の30分前まで。>

松屋創業一五〇周年記念 利休のかたち 継承されるデザインと心展 2019年12月27日(金)-2020年1月20日(月)8階イベントスクエア 作品名(右より) :重要美術品「唐物尻膨茶入 利休尻膨」<永青文庫 展示期間:2020年1月11日(土)-1月20日(月)>、「黒中棗」、「湯の釜」<与次郎 作 武者小路千家官休庵>、「黒樂茶碗 銘 万代屋黒」<長次郎 作 樂美術館>

日本文化の礎の一つともいうべき「茶の湯」。本展は、その大成者千利休(1522-91)にまつわる道具を通じ、その「かたち」が現在まで脈々と受け継がれてきた軌跡と意義を紹介するものです。今日、茶の湯に用いる道具には、「利休好み」や「利休形」など、その名を冠したものが数多く存在します。利休が見出した品々、或いは創意による道具など由来は様々ですが、いずれも継承されてきた「利休のかたち」です。
利休が好み、つくり出した作品を通して、利休の美意識と作意をご覧いただくとともに、千家道具の制作にたずさわる職家の人々が、利休の「好み」や「型」を道標としてつくり伝えてきたさまざまな作品を文献史料とともに紹介します。
新春のひととき、「赤樂茶碗 銘 白鷺」や「黒樂茶碗 銘 万代屋黒」をはじめとする作品や史料約80件を通じて、未来へ伝えるべき日本文化の「かたち」とその「こころ」にふれていただきたく、ご案内申し上げます。

第一章 利休の美意識と作意 利休にまつわる貴重な現存作例を通じ、あらためてその美意識をたどります。


  • 重要美術品
    唐物尻膨茶入 利休尻膨
    中国 南宋-元時代・13-14世紀
    永青文庫
    展示期間:2020年1月11日(土)-1月20日(月)

  • 赤樂茶碗 銘 白鷺
    長次郎 作
    安土桃山時代・16世紀
    裏千家今日庵

  • 本手利休斗々屋茶碗
    朝鮮 朝鮮時代・16世紀
    藤田美術館

  • 黒樂茶碗 銘 万代屋黒
    長次郎 作
    安土桃山時代・16世紀
    樂美術館

  • 黒中棗
    安土桃山時代・16世紀

  • 湯の窯
    与次郎 作
    安土桃山時代・16世紀
    武者小路千家官休庵

第二章 千家と職家 -かたちとこころの継承 利休の道統を継いだ二代少庵宗淳、三代元伯宗旦の道具を紹介するとともに、千家道具の制作にたずさわった職家歴代の作品を展示します。今日まで利休にまつわる「かたち」が、その「こころ」とともに脈々と継承されてきた軌跡とその意味を考えます。


  • 利休形茶器 十二
    三代中村宗哲 作
    江戸時代
    中村家

  • 竹茶杓 千少庵 作
    安土桃山または江戸時代
    16-17世紀
    茶道資料館

松屋併催イベント お茶席(立礼)

◆1月12日(日)、13日(祝・月)
茶道裏千家淡交会関東第一地区
◆1月14日(火)、15日(水)
表千家同門会東京支部

各日とも11:00-16:30(受付開始10:30)/30分ごとに各回14名様
お一人 1,000円(和菓子付)
お申し込みは、当日分をお茶席受付にて承ります。

※表示価格はすべて税込です。
※画像はイメージです。

  • 松屋カード オンライン入会お申し込み受付中!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る