ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

【終了】卒寿記念―なつかしい日々の情景 高木栄子 紙わらべ展

8階 イベントスクエア
2012年8月22日(水)-9月3日(月)<最終日17:00閉場・入場は閉場の30分前まで>※この展覧会は終了しました。

紙人形作家の高木栄子さんは、大正11年名古屋に生まれました。2人の娘を育てながら戦後28歳の時、福井県敦賀市にて本格的な人形作りをスタートさせます。昭和59年NHK「婦人百科」テキストで作品が紹介されたことがきっかけとなり、全国のカルチャーセンターや手芸展に参加、海外のイベントにも招待され、創作活動を徐々に広げていきます。そして平成15年に80歳を過ぎて松屋銀座にて初めての大規模な展覧会を開催し、1週間で3万人を超すお客様を集め大きな話題となりました。
高木さんは、紙わらべと名づけられた10センチほどの人形で、お正月・雛祭り・運動会といった季節の行事、懐かしい遊びや童謡などの場面を、驚くほど細やかに表現します。紙わらべの愛らしいしぐさ、そして細部まで丁寧に作られた小指の先ほどの品々からは、作品に注ぐ高木さんの愛情が伝わってきます。本展では、90歳を迎えてなお、こつこつと作品を作り続ける高木さんの作品約130点を一堂に展観します。見ている者をやさしい気持ちにさせる、紙わらべの小さな世界をお楽しみください。

高木栄子プロフィール

「やさいや」

  • 大正11年 名古屋市に生まれる
  • 昭和25年 独学で和紙人形の創作をはじめる
  • 昭和59年 NHK「婦人百科」テキストの扉を1年間飾る
  • 昭和60年 この年以降、NHK「婦人百科」手芸フェスティバルに参加
  • 平成15年 松屋にて初の本格的な個展を開催
  • 平成18年 河口湖に美術館「紙わらべの蔵」オープン(現在閉館)
  • 平成22年 富士川・切り絵の森美術館にて企画展示
  • 現在 福井県敦賀市在住

子どもたちの四季

「ひなまつり」

「七夕まつり」

「運動会」

「落ち葉たき」

童謡

「七つの子」

童謡

「お祭り(山車)」

撮影:田辺隆三

※表示価格はすべて税込です。

  • 松屋カード 今なら、新規ご入会でDCのポイントをプレゼント!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)



ページの終わりです

ページの先頭へ戻る