ページの先頭です


ここからヘッダー内のメニューです

文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

第740回デザインギャラリー1953企画展「祈りをむすぶ 正月の飾りと五節供の結び」

7階 デザインギャラリー1953
2017年12月27日(水)-2018年1月22日(月)<最終日17:00閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、第740回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「祈りをむすぶ 正月の飾りと五節供の結び」を開催いたします。
人間にとって、「結ぶ」という行為は、非常に原初的なものでした。例えば、狩猟の石器などは、石に持ち手を結びつけて道具としたものですし、貝殻を紐で列ねたりして装身具を作ったりすることも紀元前40万年ほど前から人間の営みの中で行われていました。実用的な技術として人間の歴史に登場しました。
そして、時代が下がるにつれ、むすびの技術や意味は洗練され、実用的なむすびとは一線を画する神聖な存在へと発展してゆきます。
本展では、神との関係性が強い「むすび」の世界の中でも特に、日本人の生活の中に今でも息づく「正月の飾りと五節供の結び(※)」にスポットを当てその世界を紐解いてゆきます。
それぞれの節供に込められた日本人の信仰や慣習、それに関わるむすびの存在を識っていただく機会といたしたく企画開催いたします。
2018年の正月企画として、年始を祝い、一年の無事を願う展覧会になれば幸いです。
※五節供:「人日(正月)」「上巳(三月)」「端午(五月)」「七夕(七月)」「重陽(九月)」

JAPAN DESIGN COMMITTEE

主催:日本デザインコミッティー
協力:松竹衣裳株式会社、指物 箱幸、伝統芸能・舞踏・寺院組紐 柏屋、折形デザイン研究所
監修:関根みゆき
展覧会担当:小泉誠
デザインサロントーク
会期中、関係者によるデザインサロントークを展開の予定。

続きを読む

  • 正月の飾り
    写真:大友洋祐

はきものが楽しい 黒田商店の仕事展

7階 和の座ステージ
2018年1月10日(水)-1月23日(火)<最終日19:00閉場>

香川県高松市の履物店「黒田商店」が今年も登場いたします。古今東西の布地を用いた多彩な鼻緒、歩きやすさを追求した台をお選びいただき、その場で挿げ、世界でひとつだけの履物をお作りいたします。オリジナリティー溢れる、お洒落で履きやすい黒田商店の履物をどうぞお楽しみください。バッグ、袋物などのファッションアイテムもあわせてご紹介いたします。

土屋陽太・メタル展

7階 遊びのギャラリー
2018年1月17日(水)-1月23日(火)<最終日17:00閉場>

静岡県伊東市にアトリエを構える若手金工作家、土屋陽太。鉄、銅、真鍮、アルミ等の金属を一枚一枚切断し、なまし叩いて制作をしています。身近な動物をテーマに作る作品は、無機質でいながらどこか温もりが感じられるユーモラスな形で溢れています。蛙や猫、犬、ふくろう、小さな虫などの動物のオブジェや、身近な草花に合う花器、香立てを中心に、今年の干支「戌」の作品を多く取り揃え展開いたします。どうぞご期待ください。

江戸木目込人形 柿沼東光

7階 和の座ステージ
2018年1月17日(水)-1月23日(火)<最終日19:00閉場>

常に「時代の今」を見つめ、江戸木目込人形を制作する柿沼東光。選び抜かれた生地、斬新な衣装・配色、躍動感のある人形は、独創的で永く飾りたくなる逸品です。伝統的でありながら革新的な柿沼東光の作品をどうぞご覧ください。

【柿沼東光プロフィール】

昭和23年9月東京都荒川区生まれ。
昭和46年株式会社吉徳大光に師事。
昭和49年に伝統工芸士柿沼東光に師事し以来江戸木目込人形製作に専念。
華麗なる色彩による親王飾り、風俗人形などを発表。
とりわけ螺鈿の象嵌や彩色二衣重の木目込人形など独自の技法を学び、技術向上に努めながら、斬新な作品づくりに取り組むスタイルで新しい東光ブランドを築いている。

  • 江戸木目込人形 立雛「緋歌瑠」 53,460円
  • ※写真はイメージです。
    ※表示価格はすべて税込です。

第11回 原田城二 漆芸展

7階 遊びのギャラリー
2018年1月24日(水)-1月30日(火)<最終日17:00閉場>

沖縄県本部町在住の漆芸作家、原田城二。京都に生まれ、東京でグラフィックデザインなどを手掛けた後、秋田で漆芸を学びました。浄法寺漆に代表されるような素朴な味わいの作品から、大胆な造形に凝った作品、自然の造形と人の手によるデザイン性とを調和させた作品と、常に新たな表現に挑戦しています。近年は沖縄の気候風土の中で抜群の発色を見せる色漆を縦横無尽に使って、亜熱帯の風物を優れたデザイン力で表現した作品作りに取り組んでいます。今回はどのような作品を見せてくれるのか、新作の数々に、どうぞご期待ください。

【原田城二 プロフィール】

  • 1949年 京都府生まれ
    秋田県川連漆器指導所にて漆芸の基本を学ぶ。
    以降、独学で東北の古い漆器を収集研究し、大らかで素朴な美しさに惹かれると同時に漆絵を中心に作品を制作。
  • 1988-93年 赤坂ホテルニューオータニ内「市中屋」にて作品発表
  • 1996年 「国際漆デザイン展’96石川」に入選
  • 1997年 松屋銀座美術サロンにて第1回漆芸展、以降隔年開催
  • 1999年 沖縄県国頭郡本部町に転居
  • 2003年 奈良県(財)元興寺文化財研究所の依頼により、
    琉球漆器豚血下地の再現を手がける
  • 2006年 湯布院 亀の井別荘にて個展
  • 2008年 対馬鶴翼山西山寺にて個展
  • 2010年 沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞他、展示会多数
    日本文化財漆協会会員。「漆を語る会」幹事。

続きを読む

月之 ジャパネスクバッグ展

7階 和の座ステージ
2018年1月24日(水)-1月30日(火)<最終日19:00閉場>

素材の表情を大切に、オリジナリティあふれるバッグを制作する「月之」。使いやすさはもちろんのこと、大胆で鮮やかな色合わせ・柄使いが人気です。美しい着物や帯、カラフルな本革、洗練されたヨーロッパの生地を使用した、可愛らしくも懐かしいがま口のフォルム。月之ならではのデザインをどうぞお楽しみください。
<期間中、オーダーを承ります>
お手持ちの生地で、月之と一緒にオリジナルバッグをデザインしてみませんか。世界でひとつだけ、あなたのための特別なバッグをお作りいたします。詳しくは作家または売場クルーまでお尋ねくださいませ。

  • 【上】
    (左)中野スズミ&TSUKINO 飛行機 75,600円
    (右)中野スズミ&TSUKINO オニオオハシ 73,440円
    【下】
    (左)中野スズミ&TSUKINO キツネぴょん 73,440円
    (右)中野スズミ&TSUKINO アルマジロ 140,400円
  • ※表示価格はすべて税込です。

吉野光宝 創作御所人形展 ~春一番~

7階 和の座ステージ
2018年1月24日(水)-1月30日(火)<最終日19:00閉場>

300年以上の歴史と伝統を持つ御所人形は、子供の健やかな成長を祈って、京の貴族の間で広まり愛でられてきました。あどけなく愛おしい表情や、手足のポーズを変えて楽しめる独自の技法と表現は、見る人を魅了します。厳選した古布の縮緬を着せた、心温まる創作御所衣装人形の数々をどうぞご覧ください。

【吉野光宝 プロフィール】

  • 1946年 東京生まれ
  • 1965年-1975年 平野富山(木彫)吉田博(御所人形)に師事
  • 1982年 江戸木目込の宗家 五代目 海洲(改名 光宝)を継ぐ
    江戸御所人形を継ぐ
  • 1991年 木目込教室講師
  • 1992年-2004年 代々木美術協会にて御所人形講師
  • 1996年-2006年 NHK国立オープンスクール講師

第741回デザインギャラリー1953企画展「BUTTERFLY STOOL 60th カタチの原点」

7階 デザインギャラリー1953
2018年1月24日(水)-2月18日(日)<最終日17:00閉場>

この度、日本デザインコミッティーでは、第741回デザインギャラリー1953企画展といたしまして、「BUTTERFLY STOOL 60th カタチの原点」を開催いたします。
柳宗理はミッドセンチュリーを代表するデザイナーの一人ですが、その代表作の「バタフライスツール」は、2016 年に60 周年を迎えました。1956年、第一回柳工業デザイン研究会個展(松屋銀座)で発表されて以来、多くの人々を魅了し続けてきたこの椅子は、世界の家具史においてもアイコン的存在となっています。
本展ではバタフライスツールの「かたち」に焦点をあてます。バタフライスツールの独特なフォルムはどのように生まれ、変わっていったのか。デザイン・プロセスの中で造られた模型や発表当時の初期型を展示し、60年の歩みをご覧いただきます。また、機能や製造技術、生産地など「カタチの原点」と言えるさまざまな要素から、一脚の椅子のかたちを紐解いていきます。ぜひご高覧ください。

JAPAN DESIGN COMMITTEE

主催:日本デザインコミッティー
協賛:天童木工、Vitra、ケイズデザインラボ
後援:Casa BRUTUS、日本インテリアデザイナー協会、インテリア産業協会、文化出版局「ミセス」
協力:金沢美術工芸大学、猪飼尚司
会場構成:柳工業デザイン研究会
展覧会担当:喜多俊之

●展覧会紹介●
美しく成形された、2つの部品が合わさったバタフライスツールは、その個性とデザインの明快さで60年もの間、世界の人々に評価され、愛されてきました。柳宗理氏のデザインコンセプトやそのクリエイティブの軌跡をご紹介します。ぜひご高覧ください。(展覧会担当:喜多俊之)

●柳宗理について
1915年-2011年
インダストリアルデザイナー。戦後間もなくデザインの研究に着手し、1953年財団法人柳工業デザイン研究会を設立。家具やキッチンツールなどの生活用品から大型公共構造物まで手がけ、東京・札幌のオリンピックデザインにも参加した。デザイン活動のかたわら、金沢美術工芸大学など多くの学校で長年にわたり教鞭をとる。1977年より約30年にわたり日本民藝館長も務めた。また、日本デザインコミッティーの創設メンバーでもある。2002年文化功労者として顕彰される。

詳しくはこちら

続きを読む

島岡 桂 作陶展

7階 遊びのギャラリー
2018年1月31日(水)-2月6日(火)<最終日17:00閉場>

関東における民芸運動の中心地、そして陶器の里として知られる栃木県益子町で窯を構え活動する若手陶芸家、島岡 桂。大ぶりで重厚な中に素朴な温もりのある味わいを感じさせる「益子焼」の良さを継承しつつも、そこに新たな感性を持ち込み、益子焼の次代を担う作家として大いに期待されています。松屋での個展も今回で13回目、祖父であり父でもある、人間国宝 故 島岡達三の技を受け継ぎつつ精力的に制作に励むその新作の数々に、どうぞご期待ください。

【島岡 桂 プロフィール】

  • 1978年 栃木県益子町に筆谷 等(日本画)、筆谷淑子(ガラス工芸)の二男として生まれる。
  • 1996年 宇都宮短期大学付属高等学校調理科を卒業
  • 1997年 栃木県窯業指導所伝習科を卒業
    祖父である島岡達三の門下として六年間修業
  • 2003年 島岡製陶所で制作活動に入る。東京・銀座「たくみ」にて卒業展。
    つかもと本店作家館で家族展を開催する(以降、毎年開催)
  • 2004年 松屋銀座で個展を開催(以降、毎年開催)
  • 2005年 阪急百貨店うめだ本店で個展を開催(以降、毎年開催する)
    西武百貨店池袋店にて個展開催(以後 毎年開催)祖父 島岡達三の養子となる
  • 2007年 島岡製陶所を継承する
  • 2009年 東武宇都宮百貨店にて個展開催
  • 2011年 広島そごう「日本の美展」に出品する
  • 2012年 益子に角窯半倒焔式窯を築く
  • 2015年 アメリカ オレゴン州Mt.HOOD COMMUNITY COLLEGEにてワークショップ開催、縄文象嵌のデモンストレーションを行う
    アメリカ オレゴン州 PORTLAND JAPANESE GARDENにてKIZUNA展、同時に縄文象嵌のデモンストレーションを行う

続きを読む

浅山美里 風呂敷作品展「つつんで みせて」

7階 和の座ステージ
2018年1月31日(水)-2月6日(火)<最終日19:00閉場>

平面の風呂敷を柄で立体的に見せるデザインが人気の浅山美里の作品をご紹介いたします。1枚の布がものを包んで立体になった時、楽しい世界が広がります。ユーモアと遊び心に溢れる風呂敷の世界をどうぞお楽しみください。

【浅山美里 プロフィール】

東京生まれ
日本クラフトデザイン協会会員
東京芸術大学美術学部卒業後、同大学院修了
1991年以降、国内各地で作品発表をし、ニューヨーク、シカゴ、パリでも自作の風呂敷を通じて文化交流活動に参加。

  • 【上】「東京今昔物語」 綿100% 97×97㎝ 2,700円
    【下】「サイクル・パートナー」 ナイロン80%・ポリウレタン20% 120×120㎝ 17,280円
  • ※表示価格はすべて税込です。
  • 松屋カード オンライン入会お申し込み受付中!
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋メールマガジン ご登録・解除はこちらから
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る