ページの先頭です

松屋銀座 MATSUYA GINZA


ここからヘッダー内のメニューです

松屋WEB会員サービス
文字サイズの切替
  • 中サイズ 12ポイント
  • 大サイズ 14ポイント


ここから本文です

デザインコレクション

デザインコレクションは1955年、日本デザインコミッティーと松屋が立ち上げたセレクトショップの草分け的存在です。2011年8月にリニューアルオープン。店舗内装は深澤直人、照明を面出薫、グラフィックスを佐藤卓が担当しました。デザインコレクションの商品は、すべて日本デザインコミッティーのメンバーの審美眼により選び抜かれたものばかり。商品のデザインをより理解いただきたいため、すべての商品にメンバーによる解説コメントがついています。
またデザイン書棚のコーナーでは、デザイン、アート関連の書籍のほか、ギャラリーとも連動し、展覧会に関連するカタログ、書籍なども販売しております。

  • 日本デザインコミッティー
  • デザインコレクションとは
DESIGN COLLECTION

銀座目利き百貨街

きれいに足並みを揃える「製品」然としたものよりも、広い世界から個性的な店主の手でつかみ取ってきた逸品を見たい。評価の定まったものよりも、選者のふるいの目の独自性を尊重し、さらに自分の眼をくぐらせて価値を判定したい。世の中のそんな気分に呼応するように、過去三回に渡って開催された「銀座目利き百貨街」が、ご好評にお応えして再び登場。日本デザインコミッティーの会員が交代で店主となり2年間次々と展開します。「目利き」は真贋を判定するアカデミックな鑑定眼という意ではなく、個性的な仕事をしている店主ひとりひとりの目を活かして、ここでしか出会えない商品を選定している点に由来しています。

日本デザインコミッティー

第1回 2019年9月6日(金)−10月8日(火)最終日19:00閉場
7階デザインコレクション

イランを訪れた際に、手織りの絨毯の素晴らしさにそそられ、数点、日本に持ち帰りました。イランは「ペルシャ絨毯」で有名ですが、ここにある絨毯は、王や高貴な人々に献上するための異常に精緻な工芸品ではありません。土地に生きる人々が、それぞれの暮らしに用いるために織った絨毯です。出会ったのは、美しい絨毯の制作で知られるカシュガイ族ですが、ここにあるのは、カシュガイ族のものを含む、イランおよび一部アフガニスタンで制作された絨毯です。放牧で育てた羊毛から紡ぎ出し、草木染めで鮮やかに染めた糸で、それぞれの民族特有の柄に織り上げたもの。ご自身の目で見て、手で触って、良い出会いがあればぜひ。

 

150,000円+税
180,000円+税

原 研哉│Kenya HARA

デザイナー 1958年生まれ。
日本デザインセンター代表。武蔵野美術大学教授。
デザインを社会に蓄えられた普遍的な知恵ととらえ、コミュニケーションを基軸とした多様なデザイン計画の立案と実践を行っている。
無印良品アートディレクション、代官山蔦屋書店VI、外務省「JAPAN HOUSE」総合プロデュース、
展覧会「HOUSE VISION」
webサイト「低空飛行」など、活動の領域は多岐。
代表的な著書は『デザインのデザイン』
『白』『白百』『日本のデザイン』など。

  • 松屋カードご入会キャンペーン実施中!11月5日(火)まで
  • 松屋ポイントカード 食品、ご飲食もポイント対象に!
  • 松屋友の会[クラブMG]会員募集中!
  • 松屋銀座が提供するレッスン講座 クラブMGカルチャースクール受講生募集中!

松屋銀座 住所:〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-1211(大代表)


  • 企業情報
  • Corporate Information
  • サイトのご利用にあたって
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • 松屋友の会
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 松屋銀座よくある質問
  • 松屋セレモニーサービスのお香典返し

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る