皆様、こんにちは。ワイン担当の田中です。

寒さが一層厳しくなりましたが、ワインが美味しい季節がやってまいりました!
タナカは先日、身内の結婚式があり、無事に結婚式を終えて、家で一息つこうと久々に両親と一緒にワインを飲みました。

ワインというものは不思議なもので、ワインを飲みながら話していると普段は気恥ずかしくて話せなかった話題などがあっても、いつのまにかその話題で盛り上がってしまっていたりします。

タナカもワインのおかげで両親との会話が楽しく弾みました。

その時に飲んだワインがこちら。

20121127wine1.JPG

ユドロ・ノエラ シャンボール・ミュジニー 2008
750ml 4,200円

フランスの銘醸地、ブルゴーニュ地方の中でも最も優雅で気品のある味わいといわれるシャンボール・ミュジニー。
中でもアラン・ユドロ・ノエラが造るシャンボール・ミュジニーはその特徴を最大限活かされた、とても繊細でエレガントな味わいです。

優しい果実味に華やかな香り、とても繊細でエレガントな味わいなど魅力に満ちた赤ワインです。

タナカ家おすすめのワインです!

そんな家族や親しいご友人、大切な人たちと過ごすイベントが増える季節。クリスマスや大晦日の席にふさわしい、本場フランスのワインをご紹介したいと思います!

ところで、ワインの本場フランスでは一人あたり一年間にどれくらいワインが飲まれているか、皆様はご存じでしょうか?

日本が一人あたり約2.5Lに対して、フランスではなんと約52L!!日本の20倍以上飲んでいるんですね~。
フランスにとってワインは日常的な飲み物であることがよくわかりますね。
そんなフランスで造られるワインはその地域ごとの特徴が活かされ、味わいは一つ一つ異なります。


そこで今回は和洋酒売場にて開催される『フランスワイン特集』のワインを地域ごとにご紹介したいと思います。

「フランスワイン特集」
2012年11月28日(水)-12月3日(月)
地下1階和洋酒



まずはこちらのワイン。

20121127wine2.JPG

ペルナン・ヴェルジュレス 2002
750ml 3,150円

フランス二大銘醸地の一つ、ブルゴーニュ地方の赤ワイン。その中でもブルゴーニュの隠れた人気村名ワイン。しっかりとした果実味に上品な酸を楽しめるワインです。


ブルゴーニュ地方はピノ・ノワールなど単一品種で造られるため、土壌などの環境(テロワール)が特に表れるワイン産地です。同じ品種・同じブルゴーニュ地方でも畑一つ異なれば味わいも見事に異なる、ワインの奥深さを感じさせられます。


次にこちらのワイン。

20121127wine3.JPG

シャトー ロレード ベレール 1998
500ml 2,100円

フランス二大銘醸地の一つ、ボルドー地方のセロン地区で作られた貴腐ワイン。高級貴腐ワインとして高名なソーテルヌに近いセロン地区、しっかりとした甘味と穏やかな酸味のバランスが絶妙な極甘口のデザートワインです。


ボルドー地方はブルゴーニュ地方とは異なり、いくつかの品種をブレンドして造られ、また同じボルドー地方でもその地区によって気候・土壌の質が異なり、その地区に適したブドウが作られるため、多様さと高品質なワインが産出されるブドウ産地です。

 

最後にこちらのワイン。

20121127wine4.JPG

クレマン・ダルザス ブリュット NV
750ml 2,100円

フランスの中でも北に位置するアルザス地方のスパークリングワイン。シャンパン製法によりアルザス産ピノ・ブラン100%で作る、繊細な泡と引き締まった酸、上品な味わいが楽しめる逸品。


アルザス地方はフランスの中でも冷涼な地域のため、引き締まった鋭い酸味が特徴的です。またドイツとの歴史的な関係からピノ・ブランやリースリングなどドイツワインの主要品種であるブドウが多く作られるワイン産地です。


タナカが紹介したワインは『フランスワイン特集』でご用意するワインの一部ですので、皆様もぜひこの機会に様々なフランスワインをお試しくださいませ。



※表示価格はすべて税込です。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
※飲酒運転は法律で禁止されています。