皆様こんにちは、ワイン担当オオクボです。

オオクボとバイヤーは、7月某日、東京・三田のイタリア大使館で行われたイタリアが誇るスーパー・トスカーナワイン「ルーチェ」と、洋食器「リチャード・ジノリ」のジョイントパーティーにお招きを受けて行ってまいりました!

120724wine021.JPG

パーティー会場では、ルーチェがふんだんに振舞われ、また食事がとても美味しい上に会場のあちこちにリチャード・ジノリのお皿が飾られており、オオクボはうっとりと華やかな雰囲気に浸っておりました・・・。
120724wine01.JPG

120724wine03.JPG

バイヤーのトヤマも、「なんだか、ジェームス・ボンドになった気分ですね。」とポツリ。
パーティーの最後には、弦楽器の四重奏も楽しみ、あっという間の二時間でした。
120724wine04.JPG

ワインを楽しむことって、場所や雰囲気も大切な要素ですよね。

でも、日常でもちょっとした心がけで、普段の食卓が華やぐようになると思うのです。
例えば、花を一輪飾ったり、ワインをクーラーでテーブルに出してみたり・・・。オオクボの狭い家でも(トホホ)、気分だけは大使館にいるような気持ちで、日常を楽しんでおります。


さて、今回のパーティーで振る舞われた「ルーチェ」のご紹介です

20120719vin1.JPG
ルーチェ 19,320円

ルーチェは1995年に、ヴィットリオ・フレスコバルディというイタリア人と、ロバート・モンダヴィというアメリカ人の二人の天才醸造家が創設したプレミアムワインです。
ぶどうは、メルロとサンジョベーゼを使用。イタリアのトスカーナの伝統と、アメリカの新しい個性が絶妙に溶け合い、瞬く間に世界のワイン愛好家の人気ワインになりました。
チョコレート、タバコの葉などのニュアンスがあり、凝縮したタンニンによって心地よい酸が全ての要素を引き締めます。長い余韻が特徴です。

「ルーチェは飲んでみたいけど、ちょっと敷居が高いわね・・・」と思う方は、ご安心ください。
ルーチェの弟分、「ルチェンテ」があります。

20120719vin2.JPG
ルチェンテ 5,775円

ルチェンテはルーチェのセカンドワインで、ルーチェの世界観をより、現代的に親しみやすく楽しめるスタイルに仕上がっています。お値段もルーチェに比べると、より手に取りやすいですよね。週末のご褒美ワインにいかがでしょう。

さらに、ルーチェの特別限定品「ブルネッロ・デ・モンタルチーノ」も松屋には入っております。
20120719vin3.JPG
ブルネッロ・デ・モンタルチーノ  19,320円

ルーチェと同じ畑から収穫されたサンジョベーゼ100%で造られる希少ワイン。
個性は強いですが非常にきめ細かいタンニンが滑らかです。こちらは数量が少ない限定品です。


ぜひ皆様、この機会にルーチェの世界を楽しんで体験してみてはいかがですか?
オオクボと同様、イタリアワインの奥深さにどっぷりと、はまってしまうこと間違いなしです!



※表示価格はすべて税込です。