皆様、こんにちは。仕入れ担当のコセキです。

さて、畑も広大、シャトーも巨大なボルドーから、一転、
とてものどかな雰囲気のブルゴーニュにやってきました。
ロマネコンティなど世界的に有名なワインの畑もありますが、有名なわりには、見学している人がほとんどいません・・・。

DSC07458.JPGDSC07456.JPG

 
ボルドーは大きな立派なセラーに樽を熟成させているシャトーがありましたが、ブルゴーニュは自分の家の敷地内の地下セラーで樽を熟成させているドメーヌもありました。
セラーの大きさをみても、ボルドーと比べてブルゴーニュは生産量が少ないことがわかります。
(ネゴシアンは別として)

 

 

DSC07334.JPG 

 今回 初めて訪問した、ピエール・ダモア。
 Image070.jpg
所有する畑のほとんどが、ジュヴレ・シャンベルタン村にあり、うち80%がグランクリュというジュヴレシャンベルタンを代表する作り手です。
 1992年に祖父と同名の、このピエール・ダモアさんに引き継がれ、果実味が豊かで、濃い味わいが特徴のワインとなっています。
こちらでも、10種類程度試飲をさせていただきました。 
 

   《有料ワインバー情報
(グラスでお飲みいただけます)
7日の日替わりワインとして、ピエール・ダモアさんのグランクリュのワイン「シャルム・シャンベルタン1997」50ml 1,680円(税込)でご提供いたします。(売り切れご容赦)

  そのほか、今年は白ワインの生産者も訪問しました。
ムルソー村に本拠地をおく、アラン・パトリアルシュです。
DSC_1425.JPG

 この方は、声がとても渋く、シチリアにいるイタリア人のような雰囲気です。
もちろん、ムルソーが看板ですが、この方の作るブルゴーニュ・シャルドネもおすすめです。
なんといっても、ムルソー村で作るシャルドネで、ムルソーの入門といった感じのふくよかな味わいの白ワインです。
 このワインは2009年の当たり年ヴィンテージ。果実味も豊かで、コンクールでも金賞をとっている白ワインです。
秋に飲む白ワインとして、おすすめです!
 アラン・パトリアルシュ
ブルゴーニュブラン・シャルドネ モナティーユ 2009年
2,625円(税込)


maeuri.jpg

 

 ブルゴーニュは基本、単一品種でワインを作るので作り手によって味わいが違ってきたりするのでおもしろいですよね。
お好きな味わいを、試飲をしてみつけていただけたらと思います。

 ブルゴーニュをまわり、最後にシャンパーニュ地方をまわってハードな買付けを全行程無事に終えることが出来ました。

 9月のワインフェアにワインを自信を持ってご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに。
 


 《秋のワインフェア2011 情報》

会期 2011年9月7日(水)~13日(火) 最終日17:30閉場
場所 8階イベントスクエア

詳しくはこちらから