皆様 こんにちは ワイン・アドバイザーの、大久保です。

今回の、お題は、「ワイン・アドバイザーがお勧めする今月の、一本」です。 
 
暑くなりつつある、東京ですが、白ワインやスパークリングワインではなく、 
今回、敢えて大久保は「赤ワイン」を、お勧めしようと思います。 
 
今月の一本は、「シャトー・マショール 2003」 2,310円(税込)  フランス・ボルドー地方の、AOCボルドー・シュペリュールです。 
「夏の、赤ワイン」

mcwine.JPG
 
暑い時は、やっぱり白とか、泡よね・・・と思われる方も多いと思いますが、 
ボディが厚く、重めのタイプは少しこの時期、ヘビーに感じますが、 
シャトー・マショールのように、メルロが主体で、果実味が強く、タンニンが程良いタイプだと、 
暑い夕食時でも、頼もしいお友になります。 
 
普段、赤ワインは常温で、と良く言われますが、今から、夏にかけては、少し冷やし気味ですと、よりおいしく、感じられます。 
「夏こそ、しっかり食べる」 
この時期は、「暑いので食欲が減退しちゃう・・・。」とか、 
「ご飯を、つくるのも大変・・・」 
と、お悩みの方も多いことでしょう。 
そんな方達の、力強い味方が、松屋デパ地下です。 
私 大久保がつくる、お手軽メニューの一つを、思い切って、ここで、ご披露しましょう^^ 
採れたての、レタスを適当にちぎり、シャルキュートリー・コダマでスライスしてもらった、 
生ハムをその上に散らします。 
これを、かりっと焼いたバゲットに載せ、完成です。 
3分でできてしまう、美味しく、簡単ディナーです。 
大きめのお皿に、オリーヴのピクルスを、乗せて、程よく冷えたシャトー・マショールを、お供に、召し上がって下さい。 
 
ここで、皆様にお願いしたいのは、、お料理は簡単につくっても、 
ワイングラスやバゲットを乗せる器は、お気に入りのものにしていただくと、 
とても素敵なディナーになります。 
 
皆様、毎日忙しい日々を過ごされているかと思いますが、 
そんな日常の中、美しい器で、ほんのひとときでも、「ほっ」とする時間が楽しんでいただけたら・・・ 
また、そのひとときに、美味しいワインが大事なお友達になってくれたら・・・ 
皆様の、忙しい毎日の、ワイン選びのサポートをする為に、日々店頭に立っております。