皆様 こんにちは。
ワインアドバイザーの大久保です。皆様はワイン売場に並んでいる、たくさんのワインは、一体、どのように選ばれているのかな? 
と、疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので、ほんの少し舞台裏のご紹介をいたします。

wine with Ookubo 2.JPG

この写真は、ある日に、大久保がワインを選定している様子です。たくさんのワインが並んでいますね。
このワインを、テイスティングしてみて、「おいしいな~」と思ったワインだけを、納品しております。

ここで、1つミニ知識ですが、ワインのテイスティングでは、ワインを口に含んで、味を判断した後、吐き捨ててしまいます。
もったいないなーと、思われる方もいらっしゃると思います。大久保もそう思います(^v^)
でも、全部飲んでしまいますと、ワイン好きな大久保でも、酔っ払ってしまいますので、味覚が、鈍ってしまうのです。
というか、何を飲んでもおいしくなってしまいます(^v^)皆様に、より良いワインを、お届けするために、全て、吐きだしております。
このブログでも、登場しておりますバイヤー小関を中心に、ワインエキスパート勝山、ワインアドバイザー大久保が、それぞれ試飲会に
行きまして、こんな感じでワインを選びます。

3人の意見と、売場のメンバーの意見を聞きながら、最も松屋のワイン売場らしく、
また、偏りのないワインがご提供できるように、日々努力を続けております。

wine selection 2.JPG

この会で選ばれたワインは、7月15日(金)スタートのワイン売場催しでフェアを行う予定でございますので楽しみにお待ちください。
この日は、15種類を、テイスティングいたしました。
その中で、大久保が印象に残ったのは、カーヴ・ド・ポメロル社 地中海を望む生産地で最新のテクノロジーを使って、
品質の高いワインを造り続けております。フランス国内でも彼らの造るワインの多くは、毎年のようにワインコンクールにて金賞を獲得して
おります。


その中でも、ピック・プール・ド・ピネ 税込1,575円は暑い夏にぴったりな味わいだと思いました。見た目の印象は、緑がかった黄金色。南国のフルーツを思わせる柑橘系のアロマと、ミネラル感が溢れ、とっても新鮮な味わいでした。2008年、2009年とパリ農産物コンクールで金賞も受賞しております。このワインなども含め、展開する予定でございます。