23日はワインフェア初日を無事に迎えることができました。

image033.jpg

時間によっては混み合い、また、限定本数のワインも売り切れてしまうなど、ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ございませんでした。

さて、初日に行いました「チーズとワインのマリアージュセミナー」の風景です。

image031.jpg

チーズ一筋30年のタストフロマージュの大野清一さんにカマンベールの熟成の違いを3つの試食を交えてお話をしていただき、ワインもそれにあわせて3つ試飲をいたしました。

最初は若いカマンベールです。これには、軽やかな微発泡の白ワインを合わせて、試食していただき、絶妙な塩気と、かろやかな微発泡の白が合ったかと思います。

次は2週間熟成させたカマンベールで、やわらかくなってきて若いチーズより味わいも深みが増しています。これには、メルロー主体のボルドーの赤をあわせました。

最後は4週間熟成させたものを試食しました。とろけ始め、味わいも更に深みをましていますので、これには「キャンティクラシコ オルマンニ 2006」を合わせました。ワインもボリュームがあり、余韻が長いので濃厚なカマンベールとぴったり合いました。そのほか、チーズはトリュフ入りやケーキのようなクランベリー付などもあり、バラエティに富んでおりますので、はまりそうです。

image032.jpg

また、有料ワインバーでは本日の日替わりとしてロバートパーカーが100点満点をつけた「シャトーディケム 2001」などもお出しいたしました。1本は購入できないけれど、ちょっと良いワインを試されたい方は、ぜひワインバーまでお立ち寄りください!