こんにちは、婦人雑貨担当キヅカです。
近頃は過ごしやすい気温が続き、季節はすっかり秋ですね。朝晩は肌寒くてストールを活用している方も多いと思います。
そこで今回はおすすめのストールの巻き方をご紹介します!

 

ジャケットスタイルと相性抜群!

20131030st4.JPG
ストール(ウール、シルク) 12,600円

 

通勤でジャケットやコートを着る方におすすめの巻き方です。首元にボリュームが出るので華やかな印象にまとまります。また首元をほどよく包み込むので風が通りにくく、防寒性にも優れています!

 

 

20131030st1.JPG 20131030st2.JPG
1               2

 

1,ストールを1回首に巻きます。ゆるめを意識して巻いてください。このとき、ストールは首の後ろでX状に交差しています。左右どちらかのストールが下側になっているので、確認してください。
2,後ろの交差部分で下側になっていたストールを、首の輪の内側へ少し引っぱり出します。(まず手を輪の内側から差し込み、輪の外側にあるストールをつかんで、輪の内側に引っぱり出してください)上の写真は、引っぱり出した後の状態です。

 

20131030st3.JPG 20131030st4.JPG
3               4

 

3,小さな輪に、反対側に垂れているストールの端を通していきます。
4,通したストールを、たるみが無くなるまで引っぱります。これで完成!

 

シャツやブラウスのアクセントに!!

20131030st25.JPG

 

シャツやブラウスを一枚で着るときのアクセントとしておすすめの巻き方です!シャツやブラウスの襟を立てて、その外側に巻くとバランスよくまとまります。ストールはしっかりと結んで固定するので、風でストールが緩んでしまう心配もありません!

 

20131030st21.JPG 20131030st22.JPG
1                2

 

1,片方の長さが倍くらいの長さになるように、ストールを首にかけます。
2,長い方を、首に1回巻きます。もう片方のストールよりも短く垂れるようになればOKです。

20131030st23.JPG 20131030st24.JPG
3              4

 

3,左右に垂らしたストールを交差させます。必ず短い方を上にしてください。
4,下側の長い方のストールを、下から上に持ち上げ、首元の輪に上からさし込んで下から出します。

 

20131030st25.JPG
5

 

5,最後に結び目を、左右どちらかに少し寄せて、完成。

 

同じストールでも、巻き方一つでガラリと印象が変わります。
これからどんどん活躍するストール。シーンによって巻き方を使い分けて、ストールを使ったコーディネートをさらに楽しみたいですね!

 

※表示価格はすべて税込です。
※掲載品は数に限りがございます。品切れの際はご了承ください。