本日は浅草店情報をお届けします。


なんと9年ぶりという浅草店 菓子売場の改装が終わりました。
2月末から徐々にオープンし始め、3週間かけての大改装でした。

100%理想通りにはいかないまでも、たくさんのお取引先や多くの方々のご協力のおかげでなんとか無事にグランドオープンいたしました。

浅草店念願の改装でした。諸先輩方の思いも受け継いでの改装でしたので、重大な責任を担ってずっと緊張していました。

その全容とは・・・
新しい業態のお店や、新しく浅草に初お目見えしたお店や、リニューアルしたお店含め全部で37店舗。新しいお店は9店舗あります。

松屋に寄れば、浅草松屋でしか味わえない楽しさや、浅草みやげが揃うそんなお店を目指しました。
遅くなってしまいましたが、桜が咲き始めたこの時期から連載で松屋がイチオシのお店や商品をご紹介していきます。


まずはなんといっても新しい業態の「とらや」からご紹介させていただきます。
「とらや」といえば黒の重厚なイメージがあると思いますが、こちらは新しい白を基調とした「とらや」です。


20130322_toraya03.jpg

また、暖簾がケースの上ではなく壁にかかっているのも私は初めて見ました。
とても格式が高く感じられます。



そしてなんといっても今回初めての試みがこちら。
20130322_toraya01.jpg

他のお店の「虎屋茶寮」とは違って、店頭で販売しているものを気軽に召し上がっていただけるイートインを併設いたしました。


実は他の菓子売場の改装は9年ぶりなのですが、「とらや」だけは25年ぶりという待ちに待った改装でした。何度もお話は出ていたようなのですが、なかなかタイミングが合わず、時が経ってしまったようです。


そんな満を持しての改装でしたので、決まったときはそれはそれは喜んでいただき「せっかくだから浅草ならではの特徴のあるお店にしたいですね」と言っていただいたのがきっかけです。


浅草は、和菓子が元気な街です。そんな事をよくご理解していただいていて、もっと気軽に和菓子を味わってほしいという思いから、このような茶店が誕生しました。


おすすめは何と言っても「お汁粉」です。

20130322_toraya05.jpg

お汁粉(1杯)683円

「とらや」の小豆がシンプルに味わえて、素直に美味しいな~って思えるお汁粉です。
浅草見物をして、疲れたときにもおすすめですよ。

 

20130322_toraya02.jpg
利休饅と煎茶セット 567円

そしてこちらの「利休饅」をお煎茶と一緒にどうぞ。


お饅頭だけのテイクアウト(252円)もございます。


私はこのお饅頭に魅了されました。なんといっても餡が最高です。甘さもしっかりしていて仕上がりがすばらしいです。改めてさすが「とらや」と思わせられた逸品です。


お客様に楽しんでいただけたらそれでうれしいとおっしゃっていた通り、オープンしてから常にお客様がいらっしゃいます。なんと1週間に4回も来ていただくファンになったお客様がいるほどなんですよ。


浅草ならではだなあと感心したことがあります。


お一人で入られても、いつの間にかお隣の方と仲良くお話が盛り上がるところです。


そんな気さくな人情あふれる街だからこそ、この茶店は受け入れられているのでしょうね。

 

20130322_toraya04.jpg

こちらの座布団や、いすのようなテーブルは売場のスタッフのセレクトによるものです。


実は売場の什器の配置から導線のことまで事細かにみんなの意見が反映されています。


どうやったらお客様に見やすいか、どこにいたらサービスしやすいか、お客様の目線に立っていろいろ考えました。そして携わった「とらや」のスタッフは浅草松屋のスタッフだけではありません。準備の時もたくさんのスタッフが入れ替わり手伝いに来ていました。


今回この「とらや」の改装に携わらせていただいて、あらためて「とらや」の素晴らしさを知ることができました。真っ白な図面から、何度も何度もみんなで協議をして、スタッフの意見を反映させて、そして完成したのです。一人ひとりの思いが、形になりさらにそれが浅草のお客様にご支持をいただいている。素晴らしい理想の形です。この歳になって改めて勉強させていただきました。

浅草松屋でしか味わえない「とらや」の魅力、ぜひぜひ遊びに来てください。




※表示価格はすべて税込です。