6月30日(土)、金沢に出張に行ってきました。
松屋も金沢の和菓子屋さんとは長いお付き合いがあるのですが、そうそう伺うことも出来ないので、できるだけ時間を作って御挨拶に伺おうと思いました。

まず、金沢の百貨店事情はどうなっているか、とあるお店をのぞきました。

なんだか和菓子売場がざわざわしていて、行列の出来ている売場がたくさん…。
120702gyouretsu.JPG
この時代にこんなに混んでるって一体なに?

答えはこちらです。
120702himuromanjyu01.jpg
これは、「氷室まんじゅう」と言います。


実はとても長い歴史があり、江戸時代 加賀前田家から今に続く生菓子です。
この「氷室」と言うのは雪を貯める場所のことです。
冬の間に積もった雪を貯めて山の奥の「氷室」にわらをかけて保管しておき、その氷を7月1日(旧暦では6月1日)に「氷室」から出して江戸の将軍に献上していたのです。
このとき、庶民も無病息災を祈願して寒い冬の時期に育った穀物を食べるということで、饅頭を食べる慣習かできたそうです。

それがいつの間にか「氷室まんじゅう」となって金沢でずーっと定着していったようです。


120702himuromanjyu02.jpg
中はこしあん、粒あん、白みそ餡と基本のお味です。
皮はほんのりお酒の香りがします。


こちらは、松屋もお取り引きのある「越山甘清堂」の店頭です。
120702himuromanjyu.JPG
ケース1台まるまる使って氷室饅頭を置いてあります。
5個入り、10個入りが飛ぶようになくなる中、私はバラで3個。買うのが恥ずかしかったです。

ご予約の方のコーナーもありました。
和菓子屋でこんなに混んでいるのを見るのは初めてでした。
今日は1500個、それでも足りないので明日は2000個近く作るそうです。

一体何時からお仕事しているのでしょうか…。

越山甘清堂の「氷室まんじゅう」は白糀を使ってまろやかな香りが特徴だとか。

こんないわれのあるお菓子があるのを知ってはいましたが、初めて見て、初めて本場の物を食べました。
金沢ではこれを食べないと夏が来ないのだそうです。こんなに地元に愛されているお菓子があることに感激しました。

7月1日で今年の販売は終わってしまいましたが、来年なにか東京でも発信できたらいいなぁ。
そんな事を感じた金沢での「氷室まんじゅう」でした。

ところで「越山甘清堂」の工場で今年から作られている、和菓子を作るのと同じ素材で作っているアイスクリームを松屋のお中元でご紹介しています。

2012summer5002.JPG
<越山甘清堂>
金沢あいすくりーむ詰合 4,725円(税込・送料込)

和菓子屋仕込みのアイスクリーム。黒砂糖・柚子・黒胡麻・本抹茶・完熟梅それぞれ2個ずつとアイス最中皮10枚の詰め合わせです。

お中元承りカウンター、またはインターネットショッピングでご注文を承り中です!
2012年7月27日(金)17:00まで
⇒松屋 2012お中元インターネットショッピングはこちらから


黒胡麻味の「ごま」がすっごく「ごま」の味(表現が微妙…)で特にオススメです!