昨年、「和菓子の日」について書かせていただきました。
この記事は見ていただいたお客様が多かったようで、このトピックスが反応よかったのは意外でした。少しでも広がってくれたらいいなと思います。

あれから1年、今年はもっと頑張ろうと思っていましたが時が経つのは早いもので…
特に大きなおみやげはありませんが、今年も「和菓子の日」行ってみよう!
昨年も書きましたが、おさらいの意味で和菓子の日の由来についてまとめました。

西暦848年、仁明天皇が「嘉祥」と改元した年の6月16日に、16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈願した、という古例にちなみます。
「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」であり、鎌倉時代には皇位継承の折 6月16日に通貨16枚で御供えの菓子などを求めて献じそれを吉例とし、このことが続けられました。
その後、室町時代の『嘉祥の日』には、朝廷で主上に「嘉祥の祝」の菓子を差し上げるのが吉例となりました。
また、豊臣秀吉は「嘉祥の祝」を恒例として行いました。
江戸幕府においては、この日、大名、旗本など御目見得以上の諸士に大広間で菓子を賜り、これを「嘉祥頂戴」といい、菓子は白木の片木の上に青杉の葉を敷いてその上に積んであり、一人一個ずつ取らせたといわれます。

民間においても、「嘉祥喰(かしょうくらう)」といって貨幣十六文で菓子や餅十六個を求め食べるしきたりがありました。
また6月16日に採った梅の実でつくった梅干しを旅立ちの日に食べると災難をのがれるという言い伝えもあり、「嘉祥の梅」といわれました。
このように、「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。この『嘉祥の日』を現代に復活させ、昭和54年(1979)、全国和菓子協会により、「和菓子の日」が制定されました。この日にあわせ、厄除けと招福を願った縁起の良いお菓子を販売しております。


これは昨年も紹介しました虎屋の「嘉祥菓子 七ヶ盛」です。どれも意味のあるお菓子です。
江戸時代末期に宮中に納められた嘉祥菓子を再現しています。

120608toraya7.JPG

120608toraya72.jpg
<虎屋>
嘉祥菓子 七ヶ盛 2,447円

※ご予約販売のみ
ご予約期間:6月12日(火)まで
お渡し期間:6月14日(木)~16日(土)
※ご注文はお渡し日の4日前までにお願いいたします。


これは和菓子の日の限定羊羹「嘉祥蒸羊羹」です。
赤い色が邪気を祓うとされる小豆に、黒砂糖を加えた羊羹。
120608toraya_youkan.JPG
<虎屋>
嘉祥蒸羊羹 2,100円

販売期間:6月中旬まで


これは6月10日から販売される「嘉祥饅頭」です
「嘉定通宝」、「招福」、「和菓子の日」。嘉祥の儀式や和菓子の日にちなんだ饅頭。
120608toraya_manjyu.jpg
<虎屋>
嘉祥饅頭(3個入)998円

販売期間:6月10日(日)~16日(土)


この他に饅頭は塩瀬総本家では4個入り840円、銀座清月堂本店は1個158円で販売します。
120611seigetsudo_kajo.jpg
<銀座清月堂>
嘉祥饅頭(1個)158円
※写真はイメージです。店頭でのお取り扱いは“白”のみとなります。


「和菓子の日」6月16日(土)は江戸時代までタイムスリップした気分でたまにはゆっくりおいしいお茶で和菓子を食べて、邪気を払い福を招こうではありませんか。



※表示価格はすべて税込です。