秋の「GINZA大食品祭」がいよいよ、2011年9月28日(水)-10月4日(火)の期間、開催されます。

「松屋オリジナル商品」を作るのが恒例となりましたが、今回もどんなテーマにしようか話し合いました。


前回の春は開催するにあたって、「松屋が自信をもって販売している食材を使って、それを職人さんに加工してもらったら何処にも真似のできないオリジナルができるのでは・・・」という話になり、生みだされた「松屋オリジナルコラボレーション」
大変多くの客様にご好評いただいた企画となりました。


お野菜や果物をお菓子に加工するとか、海苔屋の海苔を使っておにぎりにするとか、パン屋のパンを使ってサンドイッチを作るなど・・・
これは松屋の定番にしていってもいいのではないかという意気込みで、みんなの賛成のもと、今回もこの企画第二弾を華々しくお披露目することになりました。


前回は初めての試みだったので、まずお取引先様に主旨をご説明して同意をいただくのが大変でした。思っていたよりハードルが高く、やはり一流ブランドを守っていらっしゃる皆様なので、そう簡単に二つ返事というわけにはいきませんでした。
コラボレーションの相手、内容は相当なこだわりようでした。
今回は、前回の実績があるのでとてもスムーズに話が進み、内容も更に充実しました。
いっぱいご紹介したいのですが、限度がありますので選りすぐって・・・


最初にご紹介するのは、
正庵「オリーブの想い」525円(正庵×オリーブマーケット)
地下1階和菓子 正庵
olive0926.jpg

下の写真は半分に切った様子。丸ごとオリーブが入っています。

olive2_0926.JPG


和菓子でオリーブ?そう思いますよね。私もびっくり!
最初は野菜を使ってどうですか?って、正庵さんに投げかけたんですが、なかなかいい返事が来ない。
正庵さん:「うーん、なんか普通じゃつまんないなぁ。」
シカク:「でも、あと思い浮かぶのはハムとかオリーブオイルとか・・・」
正庵さん:「それおもしろいんじゃない?」


早速、オリーブオイルを買って送りました。なんとなくオリーブも一緒に送りました。
正庵さん:「オイルはやっぱり独特の香が強くて餡には難しいな。でもオリーブはおもしろいよ。これでなんか作ってみよう。」
そんなやりとりで生まれたのがこちらです。
中にも白餡が入っていて、オリーブをさらに白餡でコーティングし小豆羊羹をかけ、上にブラックペッパーをかけました。濃い目のバーボンで食べてもいけますよ。



次はこちら。
浅野屋「チョリソードッグ」294円(浅野屋×シャルキュトリーコダマ)
地下1階パン 浅野屋
asanoya0926.jpg


種類も豊富で、ソーセージでは定評のあるコダマさんと、浅野屋さんのコラボです。
浅野屋さんの話によるとコダマさんのソーセージの主張が強すぎて、いろいろなパン生地で試したけどパンが負けてしまったそうです。それはすごいことですよね。
そこで、ドイツ生まれにはドイツをということでプレッツェル生地に(固めの生地でスナックに近い)してみたんですって。やっとここでしっくりきたそうです。
やっぱりドイツにはドイツですね。なので、見た目結構やわらかそうに見えますが、生地はしっかりしていて、プリップリのソーセージが入っていて食べ応え充分のチョリソードックです。



最後はちょっと個人的な好みですが・・・
「中島水産」京都米酢「千鳥酢」を使って「しめサバ刺身」を作ってくれました。
中島水産 しめサバ刺身 1パック780円(各日限定20パック)  
地下2階中島水産
nakajima0926.jpg


サバも大好きだし千鳥酢もオススメなのでとっても楽しみにしているのです。千鳥酢はお酢の中のお酢という感じで、私も愛用者です。酸っぱいのにコクがあって味に丸みがあるんですよね。 美味しいお酒と・・・いいですねぇ。



GINZAの大食品祭
2011年9月28日(水)-10月4日(火)
地下1階・地下2階 食品フロア

他にもお薦め商品が目白押しです。
⇒ Webチラシはこちらから



というわけでコラボレーション企画あり、期間限定企画あり、お買得品、お楽しみ袋あり、
なんと抽選会も(豪華景品揃えております)ありますので、ぜひぜひおいでくださいませ。絶対損はさせない1週間です。


※表示価格はすべて税込です。