みなさん、こんにちは!

寒さは相変わらず厳しいですが、子供服売場には一足早く春の兆しが訪れています。
今回は桃の節句、雛人形のご紹介をいたします。


雛人形の起源は古く平安時代までさかのぼりますが、現在のように
3月3日を桃の節句としてお雛様を飾り、お祝いをするようになったのは室町時代から。
 雛祭りは女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとして定着していきました。

 今回は毎年人気のお雛様をご紹介していきたいと思います。

まずは、正統派三段飾り。
大きく豪華で、雛祭りが一層華やかになりますね♪

 2014.1.16-6goukasanndann.jpg

ワダエミ監修五人飾り 395,000円


こちらも、小ぶりながら豪華な三段飾り。
お雛様を飾るスペースはあまり取れないけれど、伝統的な三段飾りで豪華にお祝いしたい方にお勧めです。

2014.1.16-4konnpakutosanndann.jpg

小三五小芥子収納三段飾り 160,000円


こちらは昔な
がらの伝統的な手法で作られ、お内裏様・お雛様の表情も柔らかで素敵ですね。
コンパクトサイズなので、場所をとらずに飾れるのも人気の要因です。

2014.1.16-5konnpakuto.jpg 

 

 

 

 

 




陽奈雛 138,000円

 

素朴な可愛らしさの立ち雛。
小ぶりで場所を選ばないので、玄関に飾っても素敵ですね。

2014.1.16-8tatibina.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 







彩絵 平安立雛 飾扇付 3,990円 


つるし雛は、3月3日の雛祭りに、お雛様の脇にお人形を吊るす風習です。

2014.1.16-9turusibina.2.jpg

つるし雛 40,000円


お人形にはそれぞれ意味があり

「手毬」―家族の幸せ・人の輪

「さる(ぼぼ)」―厄が去る

「巾着」―我が子が物やお金に不自由しないように

などなど、お人形ひとつひとつに女の子が幸せに育つようにと、愛情を込めて作られているのです。
このお人形にはどんな意味があるのかな?
そんな風に考えながら、吊るし雛を鑑賞するのも楽しいですね。

 

子供服売場では、2013年12月26日(木)-2014年3月3日(月)の期間中、雛人形販売会を開催しています。

期間中、松屋キッズクラブ会員様・キッズクラブにご入会いただいたお客様に、雛人形をご優待価格にて特別販売いたします。(※一部対象外の商品がございます。お買い上げの際は会員証をご提示ください)
松屋キッズクラブはこちら⇒

まだまだご紹介できなかったお雛様や、可愛らしい節句用品がたくさんあります。ぜひ子供服売場へ、実際のお雛様の可愛らしさを見にいらしてくださいね。 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


※表示価格はすべて税込です。

※掲載された商品は数に限りがございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。
※商品のお問い合わせは、下記の電話番号までご連絡ください。

松屋銀座 03-3567-1211(大代表) 6階子供服