みなさんこんにちは!

 


女の子の成長を祝う3月3日の桃の節句。初節句を迎える女の子がいらっしゃるご家庭では、そろそろ準備を始める方も多いのではないでしょうか。

今回は、桃の節句には欠かせない、雛人形をご紹介いたします。

 

 

 

その前に、3月3日の『桃の節句』、5月5日の『端午の節句』は有名ですが、節句とは何の事だかご存知ですか?

 
「節」とは季節の変わり目という意味で、節句は季節の節目に、無病息災・豊作・子孫繁栄などを願い、お供え物をしたり邪気を祓う行事で、「節供」とも言います。 特別な日に神様にお供え物をし、人を集めて『節会(せちえ)』とよばれる宴をするのが節句の習わしといわれています。

 また、1月7日の『七草の節句』、3月3日の『桃の節句』、5月5日の『端午の節句』、7月7日の『七夕の節句』、9月9日の『菊の節句』を合わせて、五節句と呼ばれています。


雛人形の起源は古く、平安時代までさかのぼりますが、桃の節句に行われる雛祭りは、産まれた子供が健やかに、優しい女性に育つよう、女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとして定着していきました。

 

 

 

それでは、2017年の雛人形をご紹介いたします。

 

 

 

2017.1.12-wadaemi.JPG

 ワダエミ監修 衣装着出飾 御大礼雛  419,040円

(間口90cm × 奥行84cm × 高さ92cm) 

 

世界各国の映画、舞台の衣装デザイナーとして活躍されているワダエミさん監修の雛人形です。

大きく豪華で洗練された印象の衣装着三段出飾りです。

 

 

 『衣装着』とご紹介いたしましたが、こちらは雛人形の技法(いわゆる作り方)のことです。


伝統的な技法は大きく分けて2つ。

「衣裳着人形」・・・金欄などの衣装を着せた最も一般的な雛人形です。

「木目込人形」・・・桐塑(桐のおが屑を正麩糊で練ったもの)及びウレタンの胴に、金欄などの布地を貼り付け、その端を胴の溝にヘラできめこんだ人形です。

 

まずは衣装着人形です。

 

 

2017.1.12-3dann.JPG

 衣装着出飾五人揃 蓬春雛  216,000円

(間口80cm × 奥行74cm × 高さ80cm) 

 

 

 

2017.1.12-kyoubina.JPG

 平安弌峰作 衣装着親王飾  345,600円

(間口75cm × 奥行38cm × 高さ38.5cm) 

 

京都の伝統工芸士「平安弌峰」が作った親王飾です。

袖の形が蛤の形に似ているところから、 弌峰の蛤袖と呼ばれる、匠の技が光る逸品です。

 

 

 

2017.1.12-sinnoukazari1.JPG

津田蓬生作 衣装着赫き毛せん親王飾  257,040円

(間口75cm × 奥行56cm × 高さ49cm) 

 

 毛せんの赤には、魔を祓う意味があります。お子様が健やかに成長することを願う、華やかな衣装着親王飾りです。

 

 

 

続いて木目込人形です。

 

 

2017.1.12-honoka5.JPG

 木村綾作 ほのか 木目込五人飾  162,000円

(間口50cm × 奥行30cm × 高さ46cm) 

 

やわらかいお顔立ちで人気の「ほのか」シリーズ。木目込ならではの上品な印象で、コンパクトなサイズの五人飾りです。 

 

 

 

2017.1.12-honoka2.JPG

 木村綾作 ほのか 木目込収納親王飾 彩乃雛  132,840円

(間口50cm × 奥行33cm × 高さ49cm) 

 

やわらかいピンクの屏風が可愛らしい、木目込の親王飾りです。

台座に収納することができ、例年人気のシリーズです。

 

 

 

2017.1.12-kimekomi.JPG

 幸一光作 木目込親王飾  140,400円

(間口63cm × 奥行36.5cm × 高さ29cm) 

 

ふくよかなお顔がとても愛らしい木目込の親王飾りです。

やわらかいお顔立ちですが、落ち着いた色味ですっきりとした印象ですね。

 

 

 

親王飾りのほかにも、つるし雛や被布も取り扱っております。

 

 

20171212kids01.jpg

 つるし雛  21,600円

(高さ70cm) 

 

 

 

 2017.1.12-ohifu.JPG

 被布  7,020円

 (3歳ごろまで着用できます)

 

 

 

  お客様からはよく、『初節句直前に生まれた子供のお祝いは、いつやるべきでしょうか』というご質問を頂きます。

  初節句は1度きりですので、盛大にお祝いしてあげたいですよね。ただ、節句直前にお生まれになった場合は、なかなか準備も大変ですし、赤ちゃんやお母さんの体調にも配慮しなくてはいけません。その場合はご家族で話し合い、翌年に初節句のお祝いをされる方も多いようです。

 

 また、雛人形がたくさん並んでいる場所では、一つ一つのが小さく見えてしまいます。ご覧になられる前に、ご自宅で飾る予定のスペースを測られてからお探しになることをおすすめいたします。

 

 同じ雛人形といっても、技法や衣装・屏風・飾りによって雰囲気がガラリと変わります。

長くお付き合いするものですので、迷ったときこそ第一印象を大切にされるといいそうですよ!!

ぜひ6階子供服でお気に入りを見つけて下さい。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

※表示価格はすべて税込です。
※掲載された商品は数に限りがございます。売り切れの際はご容赦くださいませ。
※商品のお問い合わせは、下記の電話番号までご連絡ください。

松屋銀座 03-3567-1211(大代表) 6階子供服