皆様こんにちは。 

毎年ご好評の砥部焼展までいよいよあと1週間になりました。

 

20191225living01.jpg

第35回 生活が育てた器たち 砥部焼展

期間:2020年1月22日(水)-1月27日(月) ※最終日17:00閉場

場所:8階イベントスクエア

 

本年のテーマは「いいね・砥部焼」

砥部焼展は、おかげさまで35回目を迎えることが出来ました。

手描き、手作りを大切にしてきた「砥部焼」。

今回は時代と共に発展し、多様に広がる砥部の個性に焦点を当て様々な器を展開いたします。

 

 

さて砥部焼展で出展する窯元の魅力を知っていただく為に、

写真を交えて皆様にご紹介していきたいと思います。

 

【東吉窯】

20200115living01.JPG

はっきりとした呉須の線が特徴的な窯元で、中でも十草は力強く描かれており、お食事もよく映えます。

 

20200115living02.JPG

窯内の様子

 

20200115living03.JPG

焼成前

 

20200115living04.JPG

焼きあがった器たち

 

20200115living05.JPG

砥部焼展でも、300点ほど出展が決まっておりさらに沢山の器たちを見ることが出来ます。

 

 

【池本窯】

20200115living06.JPG

呉須で描かれた魚や動物たちが魅力的な窯元です。

 

20200115living07.JPG

 また、ぽてっとした白磁には温かみがあり、毎日使いたくなるような器です。

 

20200115living08.JPG

 作り手の池本惣一氏は1月22日(水)、23日(木)に来場予定です。

ぜひこの機会に会いにいらしてください。

 

 

【山中窯】 

20200115living09.JPG

白磁に鉄が混ざっており、柔らかさや温かみを感じる器を作陶する窯元です。

使う方に馴染みやすく、毎日の生活に使っていただけます。

 

20200115living10.JPG

淡い呉須が印象的です。

 

20200115living11.JPG

 

20200115living12.JPG

 

砥部焼展では平皿やそば猪口などを出品予定です。どうぞお楽しみに。

 

 

【陶房 遊】 

20200115living13.JPG

現代的な可愛らしい絵付けや、濃い呉須が特徴的です。

 

20200115living14.JPG

砥部焼の伝統を守りながらも新しいことに挑戦しています。

 

20200115living15.JPG

ここでロクロを回します。

作り手の松田啓司氏は1月24日(金)-27日(月)まで来場予定です。

 

今回はここまで!

いかがでしたでしょうか。写真を通じて皆様に少しでも砥部焼の魅力を知っていただけたらと思います。

それでは次回をお楽しみに。

 

※写真はイメージです。