皆さま、こんにちは。今週は7階イベントスペースよりお届けします。

2019年も残り1カ月を切りました。今年もあっという間でしたね。年末年始にむけ、体調を崩さないように気をつけたいものです。

 

さて、今回ご紹介するブランドは2019年11月20日(水)より新たに7階にポップアップショップを構える<SUZUSAN>です。日本の伝統技法をドイツの地で“再構築”したプロダクトが日本初、期間限定で松屋銀座7階に登場しています。

 

20191203living01.jpg

 

名古屋市有松で約400年続く有松鳴海絞りを営んでいた“鈴村商店”は5代目の村瀬弘行により、2008年ドイツのデュッセルドルフにて<SUZUSAN>として新たに生まれ変わりました。着物や浴衣に使われていた有松鳴海絞りをカシミヤやアルパカなどのラグジュアリー素材に応用し、ファッションやインテリア商品として現在世界20カ国以上で展開。海外有名セレクトショップなどから高い評価を得ています。

 

さっそく商品をいくつかご紹介いたします。

 

始めにご紹介するのは、羽のように軽く織られたカシミヤショールです。着けているのを忘れてしまいそうになるほどの軽さと、カシミヤの持つ高い保温性が優しく身体を包み込みます。

20191203living03.jpg

カシミヤショール

(M)49,500円

(L)74,800円

 

続いて、有松鳴海絞りの技術を外地に応用したランプです。モダンながらも和洋室どちらにも溶け込みます。

20191203living02.jpg

SHIZUKU テーブルランプ(17cm) LED電球使用

各36,300円

 

海外有名ブランドやランウェイでも高い評価を得た、有松鳴海絞りが生み出すデザイン性と上質な生地は、今後の日本の伝統技法に新たな風をもたらすかもしれません。

20191203living04.jpg

(写真上から)

ショール(L) 74,800円 

ブラウス 42,900円

ケープ 113,300円

フレアスカート 62,700円

レザーベルト 13,200円

 

いかがでしたか?
このように日本の伝統技法がドイツの地で生まれ変わり、新たな製品として海外で評価されているのは感慨深いものがありますね。

ぜひ一度実物を見て、触ってみてください。その独特な風合いやラグジュアリーな素材感に引き込まれること間違いありません!

7階にてお待ちしております。

 

“新しい有松鳴海絞りの姿をお見せします”

 

 

※掲載商品には数に限りがございます。売り切れ、取り寄せの際はご容赦ください。

※写真はイメージです。

※価格は全て税込です。