kakko「」皆様こんにちは。

第10回目の今回、会場では本催事9回目の出店となる「開化堂」を大規模に特集ご案内します。「開化堂」は京都にある創業1875年の老舗のお茶筒屋さんです。

今回は、これまではなかなか店頭ではお伝えしきれなかったその魅力を、実演はもちろん、稀少な缶の発売や、これから製作予定の品、歴史のアーカイブなどを貴重な展示、トークショーなども実施しご紹介します。

また京都にあるKaikado Caféも銀座初出店。

開化堂の魅力を多角的に少しでも会場にてお伝えできればと思います。

 


  kaikado6 (2).JPG

 

 ◆日本初販売「時代缶」!

kaikado7.jpg

 

さて時代缶て何?その説明はすこし長くなります。

銅のお茶筒が良く知られている開化堂ですが、そのルーツはブリキにあります。

実はブリキという素材は明治になって日本に入ってきた素材。その新素材で茶筒を作ったことが開化堂のルーツです。そしてその開化堂製のブリキ缶は現代に残り100年物のブリキ缶として存在しています。

写真にあるのは70年ほどの時を経て黒く美しく変色した缶と、その当時の缶を当時のままに現代に復刻した缶のセット(ペア)です。パッと見は同じに見えても目に見えない部分にかつての職人の工夫が残っています。かつての手わざを再現することで今を見つめる。数代前の製作缶を今の職人が再現する。そんな時を遡るストーリーのあるお茶筒のセットです。

*商品:「時代缶」324,000円(ビンテージの缶と今お作りした缶の2つペアになります。)

 

 

◆新製品「菓子缶」!

下のお写真、缶の蓋を開けて中を引き出すと・・・

kaikado5.jpg

kaikado4.jpg

 

まるでアフタヌーンティーのような2段トレイが出てきます。食卓で、またアクセサリーなどを入れたインテリア缶としてなど、新しい使い勝手が見えてきます。これは工房の若い職人さんのアイディアから生まれた新商品なのだそうです。

こちらの美味しそうな商品は、今回会場イートインに登場するKaikado Caféでメニューとしても登場します!
1つで2人分なので、ぜひお友達とお誘いあわせのうえ、ご来店ください。

*商品名:菓子缶(真鍮)69,120円

*イートインメニュー:菓子缶セット2,500円

 

◆色々な展示とトークショー!

今回、開化堂の展示が充実します。

さまざまなメーカーや作り手とのコラボの品(会場にいらしてのお楽しみ!)や歴史を感じる古い缶のコレクション、え?!開化堂ってこんなものも作っていたの?!という発見があります。工房の道具などの展示もいたします。

2018年9月29日(土)15:30から「手仕事トーク 開化堂6代目八木隆裕氏×明治大学准教授 哲学者 鞍田崇氏」

*無料*要予約

ご予約はこちらから→

https://matsuyaevent.resv.jp/direct.php?direct_id=62
 

kaikado8.jpg

 

 

◆銀座初出店Kaikado Café!

今回のお楽しみです。

まずは写真のオリジナル珈琲に人気メニューのあんバタートースト。

トーストは京都のパン屋さん花かごさんのもの、餡もこれも京都の中村製餡所さんという京都尽くしのこだわりのひと品です。そしてこだわりは味だけでありません!

水出しのアイスコーヒーのグラスは京都のガラスショップPonteさんとコラボレーションし、お茶筒をイメージしたビジュアルの宙吹きグラス。そして今回、初販売となるチーズケーキもお茶筒の「筒」をイメージしたフォルムです。

kaikado1.jpg

kaikado2 (1).jpg

kaikado3.jpg

  

*Kaikado Café:2018年9月26日(水)-10月2日(火)11:00-19:30(L.O. 19:00/最終日 L.O.16:00)

*催事:「第10回銀座・手仕事直売所」

期間:2018年9月25日(水)-10月2日(火)(9月30日(日)19:30閉場/最終日17:00閉場)

場所:8階イベントスクエア

詳しくはこちら→

http://www.matsuya.com/m_ginza/event/details/20180829_teshigoto_8es.html

 

皆様のご来場を心よりお待ちしています。